東京都消費生活総合センター

web版 くらしに役立つ都民のための消費生活情報誌 東京くらしねっと平成28年 2016 No.228 4月号

  • 文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを大きくする

安全シグナル家の中にリコール対象製品がありませんか?

販売前に安全に関する検査等が行われている製品であっても、販売後に欠陥等が見つかり、回収や交換等(リコール)を行うことがあります。欠陥等が見つかった製品の中には、身体に重大な危険を及ぼすものもあります。リコール対象製品をお持ちの場合や疑わしい場合は、直ちに使用を中止し、すみやかに事業者に連絡して必要な対応をとってください。いま不具合を生じていないから大丈夫と判断することは絶対に禁物です。

リコール対象製品による死亡事故や重傷事故も発生しています。
※出典:事故情報データバンクシステム
●電子レンジ加熱式湯たんぽの破裂事故(平成26年1月)
●加湿器による火災事故死傷者は複数名(平成25年2月)

リコール対象製品による事故を未然に防ぐためには、どのような製品がリコールになっているのか、正しい情報をこまめに入手することがとても大切です。

イラスト 製品回収(リコール)のお知らせ

リコールに関する情報を入手するには、

●事業者による社告を確認する。
テレビなどの報道や、新聞の社告欄、折込チラシ等を注視しましょう。社告を見逃してしまったときや、詳しい内容を知りたいときは事業者のホームページで確認することもできます。
●東京くらしWEB等のホームページを確認する。
東京くらしWEBで、リコール情報を確認することができます。また、消費者庁や製品を管轄する省庁のホームページで提供する情報もあわせてご活用ください。

引越し等、家の中の物を片付ける機会が多くなる季節です。このタイミングにあわせて、身の回りにリコール対象製品がないか総点検し、新生活を気持ちよくスタートさせましょう。

【参考】
東京くらしWEB くらしの安全 事故・リコール・安全に関するリンク集『リコール情報に関するリンク集』
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/link/jiko.html
消費者庁 リコール情報サイト
http://www.recall.go.jp/
問い合わせ
  • 東京都生活文化局消費生活部生活安全課
  • TEL: 03-5388-3055

4月号への感想をお寄せください

くらしに役立つバックナンバー

平成28年3月号
平成28年
3月号
平成28年2月号
平成28年
2月号
平成28年1月号
平成28年
1月号
バックナンバーカテゴリー別

東京くらしねっと オリジナルレターセット プレゼントPDF版(419KB)

東京くらしねっと 最新号PDF版(2.8MB)

編集部
〒162-0823 
新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ16階
東京都消費生活総合センター 活動推進課学習推進係
【電話】03(3235)1157

東京都消費生活総合センター

このページの上に戻る