東京都消費生活総合センター

web版 くらしに役立つ都民のための消費生活情報誌 東京くらしねっと平成28年 2016 No.227 3月号

  • 文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを大きくする

フレッシュ市場 3月は
ゆで卵

 「ゆで卵」と聞くと、一見シンプルな食べ物に思えますが、実は奥の深い卵料理です。
 一口にゆで卵と言っても、「半熟卵」は、白身が固まっていて黄身が半熟の状態、それに対して「温泉卵」は、白身は固まらず黄身だけが固まった状態です。卵の凝固温度は卵白が61℃~80℃、卵黄は65℃~70℃と異なるため、沸騰したお湯に入れて中心温度が70℃に到達する前に取りだすと「半熟卵」、70℃以下のお湯で作ると「温泉卵」になります。こうして、凝固温度の違いを上手く利用して、二つの料理を作り分けているのです。

 実は、産みたての卵はゆで卵に向かないと言われます。それは、卵白に含まれる炭酸ガスが殻の気孔から抜けきらず、加熱すると卵殻膜にくっついてしまい、皮がむきにくくなるからです。また、ゆで卵の黄身がホクホクしているのは、黄身が「卵黄球」と呼ばれる小さな球状が集まってできており、加熱するとそのまま固まり粒状になることによります。目玉焼きも、卵黄球を壊さないようにそっとフライパンに落として作るとその食感が味わえます。ぜひ、お試しください。

〈資料提供〉 東京都中央卸売市場 築地市場 東京中央鳥卵株式会社

ゆで卵

市場のことをもっともっと知ってもらうため生まれた「イッチーノ」。
市場大好きイッチーノが「東京のいちば」の魅力を伝えていきます!
詳しくは東京いちば 検索
http://www.tokyoichiba-project.metro.tokyo.jp/

イラスト イッチーノ
イッチーノ

3月号への感想をお寄せください

くらしに役立つバックナンバー

平成28年2月号
平成28年
2月号
平成28年1月号
平成28年
1月号
平成27年12月号
平成27年
12月号
バックナンバーカテゴリー別

東京くらしねっと オリジナルレターセット プレゼントPDF版(435KB)

東京くらしねっと 最新号PDF版(2.7MB)

編集部
〒162-0823 
新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ16階
東京都消費生活総合センター 活動推進課学習推進係
【電話】03(3235)1157

東京都消費生活総合センター

このページの上に戻る