東京都消費生活総合センター

web版 くらしに役立つ都民のための消費生活情報誌 東京くらしねっと平成27年 2015 No.224 12月号

  • 文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを大きくする

フレッシュ市場 12月は
数の子

 おせち料理を彩る数の子。ニシンの卵を天日干し、又は塩漬けしたもので、古くは室町時代から食べられていたようです。ニシンは別名「カドイワシ」と言い、そこから「カドの子」が転じて「数の子」と呼ばれるようになったそうです。
 数の子には干し数の子と塩数の子の2種類があり、歴史は干し数の子の方が古いですが、現在では塩数の子が大半を占めています。塩数の子は、塩抜きをする必要があります。200グラム程度で水1リットルに塩小さじ1~1.5杯を溶かし、塩水を数回交換し塩分を確認しながら8~24時間程度浸すのが一般的です。その他、お米のとぎ汁に浸す方法もあるようです。
 数の子は、おせち料理や結納などの縁起物としての需要が多いですが、最近ではコレステロールを抑える働きをするEPAやDHAを多く含む食品としての注目も高まっています。

 ニシンの漁獲量の減少により、黄色いダイヤと呼ばれるほど高価な印象がありましたが、輸入の増加に伴い比較的安価で質の良い物が増えてきました。お正月だけでなく、普段の食卓にも数の子を取り入れてみてはいかがでしょうか。

〈資料提供〉 東京都中央卸売市場築地市場 築地魚市場株式会社

数の子

市場のことをもっともっと知ってもらうため生まれた「イッチーノ」。
市場大好きイッチーノが「東京のいちば」の魅力を伝えていきます!
詳しくは東京いちば 検索
http://www.tokyoichiba-project.metro.tokyo.jp/

イラスト イッチーノ
イッチーノ

12月号への感想をお寄せください

くらしに役立つバックナンバー

平成27年11月号
平成27年
11月号
平成27年10月号
平成27年
10月号
平成27年9月号
平成27年
9月号
バックナンバーカテゴリー別

東京くらしねっと オリジナルレターセット プレゼントPDF版(392KB)

東京くらしねっと 最新号PDF版(3MB)

編集部
〒162-0823 
新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ16階
東京都消費生活総合センター 活動推進課学習推進係
【電話】03(3235)1157

東京都消費生活総合センター

このページの上に戻る