東京都消費生活総合センター

web版 くらしに役立つ都民のための消費生活情報誌 東京くらしねっと平成27年 2015 No.222 10月号

  • 文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを大きくする

安全シグナル 使い終わったスプレー缶やカセットボンベ正しく廃棄していますか?

スプレー缶やカセットボンベはいろいろな場面で使用されていますが、多くの製品はその中に圧力が高い可燃性ガスが封入されています。そのため、廃棄しようとして中身が残ったまま穴を開けると、中身が急に吹き出したり、近くに火気があると引火したりする危険性があります。

イラスト スプレー缶のガス抜きを行ったら引火

事故事例
●やかんを火にかけているコンロの近くで、スプレー缶のガス抜きを行ったら引火した。
●車の塗料スプレー缶をごみに出そうとして穴を開けたら、穴から塗料が噴き出し、顔にかかった。

スプレー缶・カセットボンベを廃棄する時は

●最後まで使い切るなど容器をカラにする。
容器を振って音がしなくても、ガスが残っていることがあります。ガスを抜くときは、中身を使い切った上で、火気や人気のない風通しが良い屋外などで完全に出し切りましょう。キッチンでガスを抜くと、滞留したガスが火気に引火するおそれがあり危険です。
●お住まいの地域の分別方法を守る。
スプレー缶やカセットボンベの廃棄方法は地域によって異なります。区市町村が指定する分別方法を守り、正しく廃棄してください。

※国民生活センター「スプレー缶製品の事故に注意―コールドスプレー使用時とスプレー缶の穴開け時の事故も発生―」(平成26年度)より

【参考】
東京消防庁 2014年11月号広報テーマ テーマ1「エアゾール缶等による火災・事故をなくそう

問い合わせ
  • 東京都生活文化局 消費生活部生活安全課
  • TEL:03-5388-3055

10月号への感想をお寄せください

くらしに役立つバックナンバー

平成27年9月号
平成27年
9月号
平成27年8月号
平成27年
8月号
平成27年7月号
平成27年
7月号
バックナンバーカテゴリー別

東京くらしねっと オリジナルレターセット プレゼントPDF版(396KB)

東京くらしねっと 最新号PDF版(3MB)

編集部
〒162-0823 
新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ16階
東京都消費生活総合センター 活動推進課学習推進係
【電話】03(3235)1157

東京都消費生活総合センター

このページの上に戻る