東京都消費生活総合センター

web版 くらしに役立つ都民のための消費生活情報誌 東京くらしねっと平成27年 2015 No.218 6月号

  • 文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを大きくする

安全シグナル 髪を染めたい! …その前に…

昨今、カラーリング(髪を染めること)が、年齢を問わず身近なファッションとなっています。「染めたい時が染める時」と、つい気持ちが早ってしまいますが、消費生活相談窓口にはカラーリングによるトラブルに関する相談も寄せられています。

イラスト カラーリング

トラブル事例
●市販の白髪染めを使用した翌日、頭皮、顔が腫れて全身に湿疹が出た。(40代 女性)
●今まで別の製品で異常が起きたことがなかったが、新製品のヘアカラーを使ったら頭が痛く、痒く、赤くなった。(50代 男性)
●ヘアカラーを使用したら刺激がきつくて、目やのどが痛くなった。(70代 女性)

ヘアカラー製品を正しく安全に使うために

ヘアカラーのメーカーで構成される日本ヘアカラー工業会では、以下のようにアドバイスしています。

※酸化染毛剤(医薬部外品)のヘアカラーについては
※酸化染毛剤:現在世界的にもっとも広く使用されているもので、通称、ヘアカラー、ヘアダイ、 白髪染め、おしゃれ染め、おしゃれ白髪染め、ファッションカラー等と呼ばれる製品です。
  • ●ご使用の際は使用説明書を必ず最後までよく読んで正しくお使いください。
  • ●ヘアカラーはまれに重いアレルギー反応をおこすことがあります。
  • ●ご使用の際は毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。
  • ●今までにヘアカラーでかぶれたことのある方は、以後は絶対にヘアカラーを使用しないでください。
【ヘアカラーの種類やカラーリングを行う際の注意等についての詳しい情報】
日本ヘアカラー工業会(JHCIA)ホームページ >>

 美容院等でカラーリングを行う際も、パッチテストを申し出る、トラブルの経験を伝える等、十分なコミュニケーションを取り、不安を感じた時は施術を受けない勇気も持ちましょう。体調が悪いときは諦めることも大切です。
 また、カラーリング中に刺激や異常を感じたらすぐに中断し、皮膚疾患をはじめ体調不良があった場合には、医師の診察を受けましょう。

問い合わせ
  • 東京都生活文化局 消費生活部生活安全課
  • TEL:03-5388-3082

6月号への感想をお寄せください

くらしに役立つバックナンバー

平成27年5月号
平成27年
5月号
平成27年4月号
平成27年
4月号
平成27年3月号
平成27年
3月号
バックナンバーカテゴリー別

東京くらしねっと オリジナルレターセット プレゼントPDF版(896KB)

東京くらしねっと 最新号PDF版(2.7MB)

編集部
〒162-0823 
新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ16階
東京都消費生活総合センター 活動推進課学習推進係
【電話】03(3235)1157

東京都消費生活総合センター

このページの上に戻る