東京くらしねっと 12月号

東京くらしねっと 12月号

情報ピックアップ トラッキング現象による火災に注意

情報ピックアップ トラッキング現象による火災に注意

 平成25年中、東京消防庁管内では、トラッキング現象による火災が86件発生しています。トラッキング現象とは、コンセントに差し込んだプラグの差し刃間に付着した綿埃等が湿気を帯びて微小なスパークを繰り返し、やがて差し刃間に電気回路が形成され出火する現象を言います。
 トラッキング現象による火災は、隠れた部分で発生することから、発見が遅れて思わぬ被害につながる場合があります。
 トラッキング現象による火災を防ぐため、差込みプラグは、使用時以外はコンセントから抜くようにしましょう。長時間差したままのプラグ等は、定期的に点検し、乾いた布などで清掃し、発熱等の異常がある場合は、交換しましょう。
 特に、埃や湿気の多い環境で使われているものや、家具等の陰に隠れているものには、注意しましょう。大掃除などの際には、忘れずに点検してみてください。
(出典:東京消防庁HP 広報テーマ2014年8月号)

イラスト 差込みプラグ

過去の記事はこちらから

項目別バックナンバー

このページの上に戻る

東京都消費生活総合センター