東京くらしねっと 10月号

東京くらしねっと 10月号

スマホの契約をすればお金が借りられる?ネットのヤミ金融に注意しましょう

スマホの契約をすればお金が借りられる?ネットのヤミ金融に注意しましょう

質問 消費者金融から多額の借金があり、返済できなくなって生活費にも困っていました。ネットで見つけた「ブラック(信用情報上では新たに融資ができない状態)でも即日融資」と書いてあった貸金業者に融資を申し込みました。免許証の画像をメールで送り、審査を受けたところ、「通常の融資はできないが、スマートフォンとタブレット端末をあなたの名義で契約してくれば、20万円を融資する」と言われました。すぐにお金が必要なので、翌日、携帯電話ショップでスマートフォン2台とタブレット端末2台の本体代金合計34万円を2年間の分割払いで契約し、指示通り業者に手渡しましたが、もらえたのは4万円でした。今はもう業者と連絡が取れなくなってしまいました。携帯電話会社への支払いもできません。どうしたらいいでしょうか。

ヤミ金融 イラスト

回答 最近、事例のように、スマートフォンなどの携帯端末を契約させ、引き替えに融資を持ちかける、悪質なヤミ金業者に関する相談が増えています。
 相談者が契約した携帯端末の本体代金と通信料金は、相談者が支払うことになります。お金を借りるつもりが、新たな金銭的負担を生じることとなります。また、業者に渡したスマートフォン等が振り込め詐欺などに利用されると、犯罪に加担したことになってしまうおそれもあります。法律では、携帯端末の契約や譲渡の際には本人確認が義務付けられており、自己名義の端末を携帯電話会社に無断で他人に譲渡することを禁止しています。すぐに携帯電話会社に事情を説明し、解約の相談をしてください。
 貸金業者が携帯端末を契約させることはありません。貸金業を営むには、国(財務局長)または都道府県知事への登録が必要で、登録がなければヤミ金融です。登録の有無は金融庁のホームページで簡単に検索し調べることができます。センターで事例の業者を検索したところ、登録のないヤミ金融でした。ヤミ金融は犯罪行為です。警察に相談しましょう。
 多額の借金があり返済困難な場合は、さらにお金を借りるのではなく、債務整理を考えましょう。債務整理の方法としては、弁護士など法律家に依頼し、支払い能力に応じた返済計画を立て返済方法について債権者と和解をする『任意整理』、どうしても返済できない場合の『自己破産』などがあります。
 借金問題などについてお困りの方は、最寄りの消費生活センターにご相談ください。

過去の記事はこちらから

項目別バックナンバー

このページの上に戻る

東京都消費生活総合センター