東京くらしねっと 7月号

東京くらしねっと 7月号

食中毒予防の3原則! 付けない 増やさない やっつける

食中毒予防の3原則! 付けない 増やさない やっつける

食中毒は一年中発生しますが、梅雨時から夏にかけては気温や湿度が高いため、特に食べ物が傷みやすい季節です。
家庭でできる、食中毒を予防するポイントを紹介します。

食中毒を防ぐための6つのポイント

食中毒を防ぐための6つのポイント

調理 イラスト

●ポイント1 【食品の購入】
消費期限などの表示をチェック。
冷蔵・冷凍食品の購入後は、寄り道せずにまっすぐ家に帰る
●ポイント2 【家庭での保存】
冷蔵・冷凍食品は、帰ったらすぐに冷蔵庫へ
冷蔵庫に入れるのは容量の7割程度とし、10℃以下に維持。
●ポイント3 【下準備】
こまめに手を洗う
肉・魚は、野菜など生で食べるものから離しておく。
冷凍食品の解凍は冷蔵庫で行う
肉などを切った包丁やまな板は熱湯をかけておく。
●ポイント4 【調理】
作業前に手を洗う
加熱は十分に。(75℃1分間以上がめやす)
電子レンジを使うときは時々かき混ぜるなど、均一に加熱されるようにする。
●ポイント5 【食事】
食事の前に手を洗う
長時間室温に放置しない
●ポイント6 【残った食品】
早く冷えるように小分けにする。
温め直すときには十分に加熱する

 食中毒は飲食店などでの発生が多いと思われがちですが、家庭でも起きやすく注意が必要です。家庭では、症状が軽かったりすると風邪などと勘違いされることもあり、食中毒と気が付くのが遅れて重症化するケースもあります。
 食中毒を防ぐために、家庭でも食中毒菌やウイルスを 付けない 増やさない やっつける ことを守りましょう!

厚生労働省:家庭でできる食中毒予防の6つのポイント
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0903/h0331-1.html
問い合わせ
東京都生活文化局 消費生活部生活安全課 TEL:03-5388-3055
過去の記事はこちらから

項目別バックナンバー

このページの上に戻る

東京都消費生活総合センター