東京くらしねっと 6月号

東京くらしねっと 6月号

情報ピックアップ 休眠口座ありませんか?

情報ピックアップ 休眠口座ありませんか?

 最後に出入金した日や、最後の満期日から10年以上経ったもののうち、出し入れが行われないままになっている預金や、預金者の所在がわからない口座は「休眠口座」と呼ばれています。休眠口座の預金は、会計上いったん銀行の収入として計上されています。けれども、預金者の権利は失われているわけではなく、払い戻しは受けられますし、金融機関の合併再編等で口座を作った支店がなくなっていても、引継ぎ先で手続きが可能です。ただし、その取り扱いや方法はさまざまですので、預金者本人が、金融機関に個別に確認する必要があります。
 一方、ゆうちょ銀行の場合、民営化前に預けられた定額貯金や定期貯金は、満期後20年2か月経つと権利が消滅し、旧郵便貯金法の定めで、貯金は国庫に入って取り戻すことはできなくなります。心当たりがある場合は、お近くのゆうちょ銀行窓口に問い合わせてください。
皆さんのご自宅に「休眠口座」はないか、確かめてみましょう。

イラスト 休眠口座

過去の記事はこちらから

項目別バックナンバー

このページの上に戻る

東京都消費生活総合センター