ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 高齢者 > 高齢者に向けた注意喚起

更新日:2019年4月18日

高齢者に向けた注意喚起

特に高齢者のみなさんにご注意していただきたいことをお知らせしています。

ひょっとしたら高齢者が深刻な消費生活トラブルにあっているかも? ~トラブル解決には介護サービス事業者などの見守り関係者の協力が重要です~

高齢者の中には、記憶力や認識能力等の低下から被害にあったという認識がない人や、被害にあったことを他人に相談するのが恥ずかしいといった意識を持つ人がいて、消費者被害が表に現れにくい傾向があります。 家族や介護サービスに携わる方が、日常会話や家の中の見慣れない商品・契約書などで高齢者の不審な様子に気付いたら、消費生活センターに連絡してみましょう。 消費生活センターが事業者と交渉することで、支払ったお金が返金されたり、その後の支払いを止めたりすることができる場合があります。

危害・危険情報

製品等の使用における危害・危険情報について注意を呼びかけています。

 ご注意ください(消費者注意情報ほか)

 相談が増加している新しい手口や注意が必要な商法等について、注意を呼びかけています。

 とらぶるの芽

ちょっと気になる消費生活情報をお届けします。

 その他

調査、事業者処分情報などを紹介しています。

東京都消費生活総合センター
03-3235-1155(相談専用電話)
  

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>

すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。

悪質事業者通報サイト

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.