ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 消費生活総合センター > 悪質商法被害防止共同キャンペーン > みんなで見守り 悪質商法をノックアウト!/高齢者悪質商法被害防止共同キャンペーン

更新日:2018年8月10日

みんなで見守り 悪質商法をノックアウト!

高齢者被害防止キャンペーンポスター
※9月は、関東甲信越ブロック高齢者悪質商法被害防止共同キャンペーン期間です。 詳細はこちらから。

 

リーフレットの内容

次々・点検商法:「無料点検」「買い替えをすすめる」誘い文句にご注意! 

やさしく親切な販売員を装い、不安をあおるなどして契約をもちかけます。

 例えば・・・「浄水器」「布団」など

  【高齢者ご本人の対策】       

  【見守りポイント】   

次々・点検商法 

電話勧誘:断っても、しつこく勧誘し続ける手口にご注意!

 例えば・・・「インターネット回線・電話」「健康食品」「海産物」など

  【高齢者ご本人の対策】               

  【見守りポイント】                   

電話勧誘

訪問購入:「不用品買い取り」のはずが、強引に貴金属等を買い取られた!

   【高齢者ご本人の対策】               

  【見守りポイント】                       

訪問購入

通信販売トラブル: 「お試し」のはずが、定期購入だった!

  【高齢者ご本人の対策】                                   

   【見守りポイント】                           

   ※通信販売には、クーリング・オフ制度はありません。十分、注意して下さい。

通信販売トラブル

架空請求・不当請求:身に覚えのない請求に慌てないで!

 訴訟をにおわせたり、公的文書を装う場合も!

 【高齢者ご本人の対策】

身に覚えのない請求や不当な高額請求は、      

※ 不審な請求があったら、お近くの消費生活センターに相談しましょう。

東京都消費生活総合センター 
架空請求専用相談電話 03-3235-2400

架空請求・不当請求

都内消費生活相談窓口

高齢者のための消費生活相談専用電話「高齢者被害110番」

 消費生活トラブルでお困りの高齢者のための相談電話です。都内在住の高齢者やご家族からの消費生活相談を受け付けます。 被害にあったり、不安を感じたときにすぐにご相談ください。

高齢者被害110番:03-3235-3366 月曜~土曜 午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除く)

高齢消費者見守りホットライン

 ヘルパー、ケアマネジャー、民生委員等、高齢者の身近にいる方が、地域で発見した高齢者被害についての通報や問い合わせを専用電話で受け付けています。

高齢消費者見守りホットライン:03-3235-1334 月曜~土曜 午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除く)

区市町村の相談窓口

消費生活相談FAQ

消費生活相談FAQ 消費生活相談FAQ
「キーワード」「事例一覧」「項目」から、よくある相談事例を探すことができます。トラブルを解決する手がかりとしてご活用下さい。
また、消費生活相談に関連した「基礎知識」も掲載しています。
 

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当

電話番号:03-3235-1157

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.