ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > ゆたんぽ、使い捨てカイロ等でやけど!?

更新日:2016年2月16日

ゆたんぽ、使い捨てカイロ等でやけど!?

 これから寒くなる季節を迎え、ゆたんぽ、電気あんか、電気毛布、使い捨てカイロなどを使用する機会が増えていきます。これらの製品は暖かく心地よいと感じる程度の温度でも、長時間にわたって皮膚に触れていると、やけどを起こす可能性があります。
独立行政法人製品評価技術基盤機構によれば、これらの製品によるやけどの事故は、1月に最も多く発生しています。  

低温やけどの事故発生月ごとの件数カイロでやけど

やけどを防ぐためのポイント

  1. 同じ部位を長時間温めない
  2. 違和感や熱いと感じたら、直ちに使用を中止する
  3. 必ず製品の取扱い上の注意を確認して、正しく使用する

 皮膚の深いところにまでやけどを起こすと、重症になるおそれがあります。神経障害や皮膚の感覚が低下している方などは、受傷しやすいので特に注意してください。万が一、やけど(皮膚の変色や痛み)を起こしたら、直ぐに専門医の診断を受けてください。

関連情報


印刷用のPDFはこちら(PDF:144KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.