ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 古くなった消火器の取扱いに注意しましょう!

更新日:2013年8月5日

古くなった消火器の取扱いに注意しましょう!

  

   総務省消防庁によると、6月20日に宮城県、7月8日には岡山県で、腐食が進んだ消火器を操作したことにより、消火器が破裂し受傷したと見られる事故が相次いで発生しました。

 これらの事故は、消火器が老朽化していたため、操作時に内圧が高くなった際に底面が抜けて容器が跳ね上がり、操作者を負傷させたと推測されています。

 全国において消火器の破裂事故は、最近5年間(平成21年から当件発生前まで)においても9件発生しており、そのうち1件は死亡事故となっています。

 老朽化した消火器の取扱いには、十分注意しましょう。

消火器の破裂事故を防ぐためのポイント

1 屋外に放置された事などにより老朽化が進み、外面に腐食(サビ)が見られる消火器については、破裂の危険性が高いので、絶対に衝撃を与えたり、操作をしないでください。

2 老朽化したり、不要になった消火器については、廃棄処理を行っている専門業者に速やかに処理を依頼してください(原則として有料)。    

  廃棄処理の専門業者は

   (株)消火器リサイクル推進センター 03-5829-6773

  (受付時間 9時~17時 ただし、土日祝日 年末年始及び12時~13時を除く)

                                                                         において御案内しています。 

関連情報

 

総務省消防庁 報道資料「老朽化した消火器の廃棄処分時の破裂による負傷事故に係る対応」外部サイトへリンク

総務省消防庁 「消火器の取扱いについて」外部サイトへリンク

(株)消火器リサイクル推進センター 「廃消火器のリサイクル窓口検索」外部サイトへリンク

「訪問販売による消火器の契約は慎重に!!」

印刷用のPDFはこちら(PDF:90KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.