ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 薄型テレビは倒れないように固定しましょう!

更新日:2018年8月24日

薄型テレビは倒れないように固定しましょう!

薄型テレビは多くの家庭に置かれていますが、乳幼児が倒してしまいケガをする事故が発生しています。遊んでいるシューマ

薄型テレビでこんな危険が!

  •  テレビ番組でキャラクターがハイタッチを子供に求めるような場面があり、子供がテレビ画面にハイタッチをしたため、倒れそうになった。(2歳女児)
  • 兄弟でリビングでかくれんぼをしていた。下の子が逃げるために隠れていたテレビの裏から出ようとした拍子に、テレビごと転倒しそうになった。(2歳男児)
  • 子供がテレビ台につかまり立ちをして遊んでいた。私はすぐ横で手を出さずに見ていた。子供がテレビの横の方をおもむろにつかんだと思ったら、テレビがぐらっと倒れてきた。(0歳男児)

1歳から5歳までの子供の保護者3,090人を対象に行った薄型テレビの転倒による乳幼児のけがに関するアンケート調査では、危害等経験のある人は3割を超え、その6割以上が1、2歳のときでした。経験のある人の6割以上はテレビを固定しておらず、約9割は保護者から子供が見える位置にいた時に経験していました。

40インチ、50インチのテレビの1、2歳児の力による転倒危険性について、固定なし、耐震マットの設置、テレビに付属された固定器具の設置の3つの条件で検証しました。固定なし又は耐震マットをテレビの下に設置した条件において、1、2歳児の力でも薄型テレビが転倒することがありました。

事故を防ぐポイント部長

テレビは固定し、倒れないようにしましょう

テレビは固定しないと危険です。また、耐震マットで乳幼児によるテレビの転倒を防ぐことはできません。テレビに付属されたバンドを活用することなどにより、乳幼児が手をかける、叩くなどの行動をしていても転倒しないようにすることが重要です。特に、乳幼児のいる家庭や乳幼児が訪問する可能性のある家庭は、今すぐテレビを固定しましょう。

固定方法1
木ネジかボルトで、テレビ本体をテレビ台と連結する。

固定方法2
薄型テレビ等に付属の転倒防止バンドを使用して取り付ける。

(一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)ホームページより)

参考情報

《薄型テレビの転倒による乳幼児のけがに関する調査》東京くらしWEB(平成30年7月)

印刷用のPDFはこちら(PDF:273KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.