ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 気を付けて!年末年始の事故

更新日:2015年12月24日

気を付けて!年末年始の事故

 年末から年始にかけて、大掃除中のケガ、暖房用品による着火、餅などの窒息による事故が多くなります。特にシニア世代の事故が起きやすい傾向があり、注意が必要です。

大掃除中の事故に注意しましょう!

  東京消防庁管内の掃除中の事故による救急搬送件数は、年間では12月が圧倒的に多く、年代別では60代と70代だけで全体の4割以上を占めています※1。 

 掃除機を持ちながら、階段を掃除していてバランスを崩し、階段を踏み外した。

 浴槽のふちに乗り、天井を掃除中に足を滑らせ、転落した。 

  両手がふさがる状況はバランスを崩し、転落の危険性が高まります。普段よりも慎重に行動しましょう。高所作業をする場合は、安定した踏み台を使用し、片手で固定されたものにつかまるなど、転落、転倒を防止する工夫をしましょう。

   

暖房用品は正しく使いましょう!ファンヒーター画像

   暖房用品のうち、電気ストーブ、石油ストーブで「ケガをした」「引火、発火、発煙した」「ケガをしそうになった」経験が多くなっています。

 特に電気ストーブによる火災が多く発生しています。

電気ストーブをつけたまま寝てしまい、布団に着火した。

石油ストーブの火を消さずに給油し、引火した。

   布団や洗濯物などの可燃物は、ストーブの熱源から決められた距離を離して使用するなど、取扱説明書をよく読んで、正しく使用しましょう。 

 

餅など食品の窒息事故に注意しましょう!

   食品の窒息、誤飲は、65歳以上の高齢者で多く発生しています。餅などをのどに詰まらせ救急搬送された件数は、12月と1月だけで年間全体の半数を超えています※2 

きなこ餅を一口で食べた父親が喉に詰まらせ、家族が背中をたたいて取り出した。

ご飯をたくさん口に放り込んで飲み込めず呼吸ができず、パニックになった。

   窒息は死亡事故につながります。食品は小さく切る、急がずゆっくりよくかんで飲み込む、食事の際はお茶や水を飲んで喉を湿らせるなど、窒息事故を防ぎましょう。
特に一人で食事する場合は十分注意しましょう。
  

 【出典】 東京消防庁「日常生活における事故情報」ヒヤリハットレポート「年末年始の事故防止ガイド」

      ※1「掃除中のケガに注意」外部サイトへリンク

      ※2「STOP!高齢者の「窒息・誤飲」外部サイトへリンク

 

      「年末年始の事故防止ガイド」では、事故防止のポイントを分かりやすくまとめています。詳しい内容はこちらをご覧ください

 印刷用のPDFはこちら(PDF:215KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.