ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > くらしの安全 > 危害・危険情報 > ヘアドライヤーの電源コードの取扱いに注意!

更新日:2020年3月19日

ヘアドライヤーの電源コードの取扱いに注意!

令和2年3月19日

東京都消費生活総合センターには、ヘアドライヤーの使用中に電源コードから火花が出たという相談がよせられています。
実際に、平成30年における東京消防庁管内での火災状況をみると、ヘアドライヤーを発生源とする火災が12件起きており、電線のショートや、半断線による発熱など、電源コードに関するものが多くなっています。
使用する際は、取扱説明書を確認し、電源コードは丁寧に取扱いましょう。

ヘアドライヤー01

事故事例

  • ヘアドライヤーを使用しているときに、持ち手の下のコード根元から火花が出た。外観からは黒ずんだり変形したりなどの変化はなかった。
  • ドライヤーを使っている時に突然風が出なくなった。電源スイッチを入れたり切ったりしていたところ、突然コードから火が出て、火傷を負った。

※上記事例は、東京都消費生活総合センターに寄せられた相談

事故を防ぐポイント

  • 電源コードを本体に巻きつけることは、やめましょう。
    コードを本体に巻きつけて保管することは、コードへの屈曲による負荷が繰り返しかかったりして損傷する可能性があります。
  • 電源コードが変形していたり、電源スイッチの入切が不安定な場合は、使用をやめましょう。
    コードの被覆の内部では、素線※が切断されている可能性があります。引き続き使用すると、発煙・発火のおそれがあります。

※電源コードの内部には電気が流れる2本の線が入っています。この2本の線は、それぞれいくつもの細い銅線(素線)によって構成されています。

ヘアドライヤー02 

ドアドライヤーの電源コードから火花が発生する再現テストの動画もご覧ください

(YouTube東京都チャンネル)

【参考】

  1. 《令和元年版 火災の実態》東京消防庁(令和元年8月)外部サイトへリンク    
  2. 《ヘアドライヤー電源コードに関する危険》東京くらしWEB(平成23年5月26日)

印刷用のPDFはこちら(PDF:612KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332