ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 高齢者の熱中症が多くなっています!エアコンや扇風機を点検し、適切に使用しましょう!

更新日:2019年7月5日

高齢者の熱中症が多くなっています!
エアコンや扇風機を点検し、適切に使用しましょう!

令和元年7月5日 

東京消防庁によると、平成26年から30年の5年間(各年6月から9月)に22,015人が熱中症(疑い含む。)により救急搬送されています。平成30年の救急搬送人員は、7,960人で、65歳以上の高齢者が約半数を占めています。また、月別では、各年とも7月、8月に多く発生しています。
熱中症を防ぐため、無理せず具合が悪くなる前にエアコンや扇風機などを使いましょう!
一方、7月、8月はエアコンや扇風機による事故も多く発生しています。使用前には、製品表示の確認や点検をしましょう。以下のような異常に気づいたら、使用を中止し、コンセントから電源プラグを抜いて、販売店またはメーカー等に相談しましょう。

 表示サンプル

エアコンと扇風機は、経年劣化による重大事故発生率は高くないものの、事故件数が多い製品として、「長期使用製品安全表示制度」の対象品目となっています。

エアコンの点検ポイント

  1. 電源コードやプラグが異常に熱い。
  2. 電源プラグが変色している。
  3. 焦げくさいにおいがする。
  4. ブレーカーが頻繁に落ちる。
  5. 架台や吊り下げ等の取付部品が腐食していたり、取付けがゆるんでいる。
  6. 室内機から水漏れがする。

エアコンのイラスト

扇風機の点検ポイント

  1. スイッチを入れても、ファンが回らない。
  2. ファンが回っても,異常に回転が遅かったり、不規則
  3. 回転するときに異常な音や振動がする。
  4. モーター部分が異常に熱かったり、焦げくさいにおいがする。
  5.  電源コードが折れ曲がったり破損している。
  6. 電源コードに触れると、ファンが回ったり、回らなかったりと不安定

扇風機のイラスト 

【詳しい情報はこちら】

熱中症に注意!(東京消防庁、令和元年5月24日報道発表資料)外部サイトへリンク

経済産業省ホームページ>製品安全ガイド>(トピックス)長年ご使用の家電製品にご注意下さい外部サイトへリンク

 

印刷用のPDFはこちら(PDF:422KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.