ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 子供のベランダからの転落事故に注意!

更新日:2021年4月28日

子供のベランダからの転落事故に注意!

晴れて暖かい日が続くようになりました。窓を開けて過ごすことが多い季節になると、子供のベランダからの転落事故が発生する傾向があります。
子供たちを事故から守るため、以下の「事故を防ぐポイント」を参考に、各ご家庭で対策をお願いします。

ベランダからの転落事故事例

  • 子供がベランダで遊んでいた。保護者は台所にいたが、音がしたためベランダを見ると、子供がおらず、ベランダの下にうつぶせに倒れて泣いていた。保護者はこれまでも、子供がベランダへ出入りして室外機に上がっているところを何度か見ている。(2歳、2011年)※1
  • マンション2階のベランダの柵でぶら下がって遊んでいたところ、誤ってコンクリートの地面に足から転落し、ケガをして病院に搬送された。(2歳、2019年)※2

※1 平成29年度東京都商品等安全対策協議会報告書 資料編より
※2 平成31年度第4回東京都商品等安全対策協議会 資料4より     

事故を防ぐポイント

 保護者の見守り、子供への教育

  • ベランダのある部屋は、短時間であっても子供だけにしない。
  • 子供だけ家に残して外出しない。
  • 子供だけでベランダに出さない。
  • 危険な行為を誘発しないよう、高所からの転落の危険性についてわかりやすく教える。

ベランダ周辺環境の見直し

  • ベランダを子供の遊び場にしない。
  • 手すりのそばにプランター、椅子、テーブルなど踏み台になるような物を置かない。
  • エアコンの室外機を手すりから60cm以上離すか上から吊るすなど、設置場所に配慮する。
  • ベランダの出入口には、子供の手の届かない位置に補助錠を設置する等、安全対策を講じる。

 

【参考】

《平成29年度東京都商品等安全対策協議会「子供のベランダからの転落防止のための手すりの安全対策」報告書》
《平成31年度第4回東京都商品等安全対策協議会 資料4「過去テーマに関する取り組み状況について」P8~P11》東京くらしWEB(令和2年2月)

 印刷用PDFはこちら(PDF:447KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055