ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > とらぶるの芽(記事一覧) > とらぶるの芽(No.64)

更新日:2017年4月3日

とらぶるの芽(No.64)

こんなところにとらぶるの芽No.64(2017年4月)
~ちょっと気になる消費生活情報をお届けします~ 

インターネットバンキング等を利用する際は、セキュリティーサービスを上手に使いましょう!

 

なりすまし

インターネットバンキングなどのインターネットを利用した金融取引サービスは、手数料の安さや、店舗に行かなくてもパソコンやスマホ等があれば時間を気にすることなく利用できることから、人気があります。しかし、「自分の口座から別の口座に振り込みがされていたが、心当たりがない」「知らない団体に送金されていた」などの相談が寄せられています。インターネットバンキング等を利用するために必要なパスワード等が盗まれると、なりすましなどによる不正利用の危険があるので注意が必要です。

パスワードの管理を適切に行いましょう

他人からなりすましなどの侵入を防ぐためは、インターネットバンキング等にログインするためのパスワードの適切な管理が欠かせません。パスワード管理における注意点等を知り、まずは利用者自身で適切な管理を行いましょう。

(主な注意点)

  • 推測されやすいパスワードは避ける(誕生日や電話番号などは避ける)
  • 英大文字小文字、数字、記号を組み合わせて「他人にわからない(類推されない)」パスワードにする
  • 他の人から見える場所にパスワードを保管しない
  • 同じパスワードを使い回ししない

    ※パスワードの設定や管理について、下記のページに記載されています。
    総務省 「国民のための情報セキュリティサイト」
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/privacy/01-2.html
    IPA 安心相談窓口だより「不正ログイン被害の原因となるパスワードの使いまわしはNG」
    http://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20160803.html

銀行が提供するセキュリティーサービスとは・・

銀行では、様々なセキュリティサービスを提供しているので、その一部をご紹介します。セキュリティを強化するために、ID・パスワードの適切な管理に加えてこれらのサービスを賢く利用しましょう。

 ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワードとは、一度しか使えないパスワードのことです。
ログインすると、予め登録しておいたメールに1回限りのパスワードが送信される方法や、利用者に予め「乱数表」や「トークン」と呼ばれるパスワード生成器を配布しておいて、それでパスワードを生成して入力するなど、さまざまな方法があります。トークンにはICカードのようなものやパソコンやスマートフォンにインストールして使用するソフトウエアタイプなど、さまざまな形態があります。


トークン乱数表の使用例
(使用例)
「乱数表」→認証時に、表のA1からE5に書いてある数字を指定に従って該当する位置の数字を入力していきます。
「トークン」→認証時にトークンに表示された数字をパスワードとして入力します。

 

ログインや取引完了の通知サービス

メール通知サービスインターネットバンキング等にログインやログアウトした際や送金などの取引を行った際に
予め登録しておいたメールアドレスに通知が来るサービスです。
通知メールで利用状況がわかるので、不正なアクセスがないかチェックできます。

 

ソフトウェアキーボード

ソフトウェアーボードログインパスワード等を入力する際に、キーボードの入力情報を盗まれないように、画面にキーボードを表示して画面上でパスワードなどを入力させるためのソフトウェアで、インターネットバンキング等のログイン画面上で利用することができます。

 

 

偽サイト検知ソフトウェア

偽サイトを検知するソフトウェアで、パソコン等にインストールして利用します。
インターネットバンキング等のサイトにアクセスした際に、偽サイトを検知すると画面に警告表示等が出ます。

生体認証

指紋認証銀行によっては、スマートフォン向けのサービス等を利用するためのアプリを提供しています。このアプリにログインする際に、指紋等による認証機能を入れているものがあります。
指紋を読み取らせて、予め登録しておいた指紋と照合することによって認証します。

 


提供されるサービスの種類や利用方法等は銀行によって異なります。利用する際は、利用条件や利用料の有無等について、銀行に確認しましょう。
また、これらのサービスを使っていれば大丈夫、というわけではありません。取引状況を定期的に確認する、パソコンにウィルス対策ソフトを入れる、OS等をアップデートで最新の状態にしておくなど、日頃から対策を講じておきましょう。

 

 

ここに気を付けよう!
            注意

  • パスワードの設定は推測されにくいものにし、適切に管理する。
  • 提供されているセキュリティサービスを賢く利用する。
  • 疑問・不安に思ったらすぐに最寄りの消費生活センターに相談する。

 
 印刷用PDF(PDF:515KB)
 

困ったときには、まず相談
東京都消費生活総合センター
 相談専用電話 03-3235-1155
消費生活相談窓口のご案内

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
 すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。
悪質事業者通報サイト
  ※寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

その他の「とらぶるの芽」はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.