ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > とらぶるの芽(記事一覧) > とらぶるの芽(No.53)

更新日:2016年5月2日

とらぶるの芽(No.53)

こんなところにとらぶるの芽No.53(2016年5月)
~ちょっと気になる消費生活情報をお届けします~

サーバ型プリペイドカードの悪用に注意 

 あらかじめお金を払っておいて買い物ができるプリペイドカードは、支払時に現金やお釣りを確認する手間がなく会計がスムーズに行えます。前もって支払った金額内しか使用できないので使いすぎを防げるという面もある便利なツールです。
特に最近は、ネット通販、オンラインゲーム、音楽ダウンロード等、インターネット上の決済場面が増えたことにより、オンライン決済に利用できるサーバ型プリペイドカードの普及が進んでいます。
しかし、プリペイドカードを悪用されるトラブルも発生しているので注意が必要です。

プリペイドカードの種類

プリペイドカードは金額等の情報がどこに記録されているかで区分できます。

紙型

 情報は紙面に記載。
(例)百貨店共通商品券、ビール券、等

磁気型

 情報はカードの磁気に記録。残高がなくなると使えない。
(例)QUOカード、図書カード、テレホンカード、等

IC型 

 情報はカードのICチップに記録。チャージして繰り返し使える。
(例)Suica、Pasmoなどの交通系電子マネー、nanaco、waonなどのコンビニ等発行の電子マネー、等

サーバ型

情報はプリペイドカード番号(以下プリカ番号という)により発行者のサーバ上で管理。カードがなくてもプリカ番号があれば利用可能。
(例)amazonギフトカード、itunesカードなどのオンライン決済に使用する電子マネー、等

サーバ型プリカ販売イメージ

サーバ型プリペイドカードの使い方の例

  1. コンビニやウェブサイト等でプリカ番号を購入する。
  2. 利用したいウェブサイトでプリカ番号を入力すると商品購入やコンテンツダウンロード等が可能になり、代金が差し引かれ決済される。
  3. 残高等の情報は発行者のウェブサイトで確認できる。

サーバ型プリカ使い方

 サーバ型プリペイドカードの特徴

 多くのサーバ型プリペイドカードはコンビニ等で簡単に購入でき、クレジットカードを持っていなくてもオンライン決済が可能です。また、決済時にクレジットカード番号や氏名等の情報を入力する必要がないので匿名性が高く、情報流出等の心配が少ないといえます。
しかし一方で、購入の手軽さ、カードが手元になくても使える利便性、匿名性という特徴が逆に悪用され架空請求などの詐欺に使われる事例が多く発生しています。

サーバ型プリペイドカードが悪用された事例

  •  家族からSNSでカードの購入を依頼され、コンビニで購入し、プリカ番号を送信してしまった。後日、別人が家族になりすましていたことが判明した。
  • サイトで知り合った人から「コンビニで電子マネーを購入し、そのプリカ番号を写真で送ってくれたらお金を振り込む」と言われ送信したが振り込みがない。
  • スマホに突然「アダルトサイト料金未納」というメールが届いた。「訴訟手続開始」とあるので、指示されるままプリペイドカードを購入しプリカ番号を送った。

悪用する人

指示されても買わない、教えない

 あなたのプリカ番号を知った人は、その番号だけでプリペイドカード内の金額を使うことができます。たとえ手元にプリペイドカードを持っていたとしても、プリカ番号を伝えるという行為はカードの全額を相手に渡したのと同じことなのです。プリカ番号を聞かれたり、指定された番号にチャージするよう指示された場合は、カードの悪用と考え、絶対に対応してはいけません。
サーバ型プリペイドカードが悪用された場合はその匿名性の高さから、悪用者の特定が難しく、損害を取り戻すことは大変困難です

上手に使いこなすために

 カフェ等の店舗で使えるサーバ型プリペイドカードも発行されており、今後、使用場面は増えていくことが予想されます。有効期限の有無、残高の確認方法などは発行者のウェブサイトにある利用規約等で確認することができます。カードの特徴や利用上の注意点をよく理解したうえで上手に使いこなしましょう。

ここに気をつけよう

  • 悪用されたトラブルが発生していることを認識し、他人にプリカ番号は絶対に教えない。注意
  • 特徴を知り、利用上の注意点を確認しておく。
  • 疑問・不安に思ったらすぐに最寄りの消費生活センターに相談する。
                   

関連情報は下記ホームページでご覧になれます。

印刷用PDF(PDF:337KB)

 

困ったときには、まず相談
東京都消費生活総合センター
 相談専用電話 03-3235-1155
消費生活相談窓口のご案内

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
 すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。
悪質事業者通報サイト
  ※寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

その他の「とらぶるの芽」はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.