ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > とらぶるの芽(記事一覧) > とらぶるの芽(No.43)

更新日:2015年7月1日

とらぶるの芽 No.43

 こんなところにとらぶるの芽No.43(2015年7月)
~ちょっと気になる消費生活情報をお届けします~

オンラインカジノを紹介する仕事で高収入!? 

 海外のカジノサイト(オンラインカジノ、ネットカジノ)を紹介すると手数料が入るという勧誘についての相談が寄せられています。どのような経緯・理由で相談にいたるのか主な例を紹介します。オンラインカジノ

相談にいたるまでの流れ

友人、SNSで知り合った知人等から勧誘され興味を持つ

矢印1

  • すごいアフィリエイトの仕事がある。
  • ネットワークビジネスで簡単に儲かる仕事がある

セミナーや喫茶店等で仕事についての説明を受ける 

矢印1

  • SNSやブログで海外のカジノサイトを広める、リスクのない仕事である。
  • 海外のサイトなのでカジノをしても法には触れない。
  • 2020年にカジノ法案が成立するとオンラインカジノで莫大な金が動く。
  • 人を紹介すると手数料が入り、カジノサイトの売り上げの一部も報酬となる。
  •  半年かからずにひと月100万円以上の収入になるので、会費はすぐに回収できる。

その場でタブレット端末やスマートフォン上で会員登録をさせられる

矢印1

  • 登録時に契約書や規約などの書面交付がない。
  • 事業者の住所、電話番号などの連絡先が知らされない。
  • 会員登録料はその場で決済を求められることが多い。 

登録後、不安になり解約したいと思う

矢印1

  • 勧められるまま会員登録してしまったが、冷静になると、契約書もなく不審に思えてきた。
  • 紹介しようとしたら、知人からカジノの違法性を指摘され不安になった。
  • 思ったように勧誘できないので解約したい。
  • 解約したいが、事業者の連絡先がわからないためどうしてよいかわからない。

消費生活センター等へ相談する

カジノへの参加は違法行為です

 カジノに参加することは刑法で定める「賭博罪」に該当します。
「海外のサイトであれば法に触れない」「オリンピックに向けてカジノが合法化される」と説明されることもあるようですが、海外のサイトでも国内で参加していれば罪に問われる可能性があります。※
また、自分が参加しなくても、違法・不当な行為を勧誘することで自分が加害者となり、自分が紹介した人から損害賠償請求を受ける可能性もあります。安易な気持ちで勧誘した結果、大切な友人・人間関係を失うことになりかねません。
※質問答弁情報(衆議院)外部サイトへリンク

海外事業者との契約にはリスクがありますオンラインカジノ勧誘

  海外事業者の場合は、安心して取引できる事業者かどうかの判断が難しく、いったんトラブルになってしまうと、交渉に日本語が使えなかったり、法律や商習慣の違いなどから解決が非常に困難になることが想定されます。

甘い言葉に惑わされないで

  会員登録をすることは事業者と「契約」を結ぶことになります。契約する時は事業者情報(所在地、連絡先等)、支払う会費の内容、手数料を受け取る仕組み、解約の条件等の契約内容をきちんと理解していることが必要です。
話題のキーワードを用いながら新しいビジネスモデルと説明されたり、「簡単に儲かる」、「会費はすぐに回収できる」と言われたりすると、気持ちが煽られその場で契約してしまうかもしれません。しかし、確実に利益が得られる保証はありません。勧誘の言葉を鵜呑みにせず、契約するかどうか慎重に判断しましょう。特に、金銭を支払う場合には安易に即決することは避けましょう。

ここに気を付けよう! 注意

  • 海外事業者との契約にはリスクがあることを認識する
  • 契約内容がよくわからない場合には、理解できるまで契約しない
  • 「簡単に儲かる」等の甘い言葉を鵜呑みにしない
  • 疑問・不安に思ったら最寄りの消費生活センターに相談する


印刷用PDFはこちら(PDF:280KB)



困ったときには、まず相談
 
東京都消費生活総合センター
相談専用電話 03-3235-1155
消費生活相談窓口のご案内

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。
悪質事業者通報サイト
※寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.