ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > とらぶるの芽(記事一覧) > とらぶるの芽(No.40)

更新日:2015年4月1日

とらぶるの芽 No.40

 こんなところにとらぶるの芽No.40(2015年4月)matsuge_extension
~ちょっと気になる消費生活情報をお届けします~ 

気を付けて!まつエクのトラブル

 まつ毛エクステンション(以下、まつ毛エクステ)、つけまつ毛等、日常的にまつ毛のおしゃれを楽しむ女性が増えています。中でもまつ毛エクステは、自然な仕上がりや長持ちする等の理由で人気がありますが、トラブルも発生しているので注意が必要です。 

  まつ毛エクステとは?
化学繊維等の人工毛を専用の接着剤でまつ毛に装着し、まつ毛を長くしたり濃くしたりするなどボリュームアップさせる技術のこと。
まつ毛エクステの施術は美容師法による美容行為であり、美容所として、保健所へ届出し確認(許可)を受けた施設で美容師の有資格者が行うこととされています。


 どうしてトラブルが起きるの?

  • 接着剤でアレルギー等が起きる
     まつ毛エクステ用の接着剤は直接人体に使うものではありませんが、「揮発した接着剤の成分が目にしみて涙が止まらなくなった」という相談にもあるように、デリケートな目元で接着剤を使うため、トラブルが起きやすくなっています。
    まつ毛エクステに使われる接着剤には様々な成分があり、中にはアレルギーを起こす物質が含まれている可能性もあります。そのため、施術前に十分なカウンセリングとパッチテストを受けること、中身の成分を確認することが大切です。アレルギー体質の方は特に注意が必要です。また、まぶたの皮膚は薄くて敏感なので、過去の施術で問題がなくても、体調のすぐれないときはトラブルが起こる場合もあります。
  • 施術は高度な技術と知識が必要
     まつ毛エクステの施術は目元で接着剤等の化学物質を扱い、緻密な作業を長時間行うため、施術者の技術によりトラブルが生じやすくなっています。「まぶたに接着剤がついて目の周りが赤くなった」等、施術者の知識や経験不足が原因と考えられる相談も寄せられています。
    また、まつ毛エクステの営業を無確認(無許可)や無免許で行っているところもあります。実際に、無免許でまつ毛エクステの施術をして客にケガを負わせて逮捕された事例もありますので、美容所としての確認(許可)の有無、施術者が美容師かを事前に確認しておくとよいでしょう。


まつ毛エクステを受けるときはganka_kensa

 まつ毛エクステのいい面だけを見るのではなく、施術に伴う危険性やトラブルが報告されている現状を考えた上で施術を受けるのか判断してください。
施術後に目の痛み、充血、まぶたの腫れ、かゆみ、涙が止まらない、目ヤニが出る等、目やまぶたに異常を感じたら、直ちに医療機関を受診してください。もし目にキズがついていた場合(たとえ小さなキズでも)、放置すれば細菌などが発生して、視力低下等の後遺症を招くおそれがあります。受診の際は、必ずまつ毛エクステをしたことを医師に伝えましょう。


まつ毛の健康を考えよう

 エクステをしていると目元が洗いにくくなるので、まつ毛の洗浄が不十分になりがちです。まつ毛は汚れや細菌から目を守る大切な役割をしていますので、目元を不潔にしていると、目の病気やアレルギーを引き起こす原因になります。まつ毛の健康のためにもエクステは長期間つけ続けず、まつ毛を休め、目元を清潔に保持できる期間を作りましょう。
 

ここに気を付けよう!  注意

  • まつ毛エクステは目などに危険や負担を伴う施術であることを事前に理解しておくこと。
  • 美容所としての無確認(無許可)施設や美容師免許を持たない人からの施術は受けない。
  • 目などに異常を感じたら直ちに医療機関を受診する。(まつ毛エクステをしたことを医師に伝える)
  • 疑問、不安に思ったら最寄りの消費生活センターへ相談する。


印刷用PDFはこちら(PDF:287KB)

 


 

 

困ったときには、まず相談
 
東京都消費生活総合センター
相談専用電話 03-3235-1155
消費生活相談窓口のご案内

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。
悪質事業者通報サイト
※寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.