ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > とらぶるの芽(記事一覧) > とらぶるの芽(No.27)

更新日:2014年3月3日

とらぶるの芽 No.27

 こんなところにとらぶるの芽No.27(2014年3月)
~ちょっと気になる消費生活情報をお届けします~

飲食店で支払うときに、「あれ?」って思ったことありませんか?
お通しとビール

さくらの季節です。お花見の宴会や送別会、歓迎会などの機会が多くなります。居酒屋などの飲食店で、思いがけなく追加料金など請求されて、予算をオーバーしてしまって困った、なんて経験ありませんか?

席に着いたら、注文していない料理がすぐに出てきて、「お通し代」をとられたが、有料ならいらない料理だった

お通し3「お通し」「つき出し」とは、注文した料理ができる前に出す簡単な料理です。注文しなくても出されるもので、200円から500円程度を請求されます。商慣習という考え方もありますが、特に法律の規制などはありません。
「お通し」は、食べる前なら断わることができる場合があります。また、「食べられない料理」の場合には、申し出れば、他の料理を出してくれるところもあります。

「席料」・「チャージ」、「サービス料」などがついていて、思ったより高額になってしまった

食事「席料」・「チャージ」は、一人当たり、または、テーブル単位で料金が決まっていますが、「サービス料」は飲食代に対して、数%から数十%が加算されるのが一般的です。

二次会の場所を探していたところ、「飲み放題、一人、○円ぽっきり」と勧誘され、安いと思ってついて行ったら、一人一品の注文が条件だとわかり、いらない料理を頼んでしまった

ウィスキー路上で勧誘を受けた場合など、店員から言われた安い料金を鵜呑みにし、その条件等をよく確認しないまま入店してしまうと、かえって高くつくことがあります。 
なお、新宿区などは、公共の場所における客引き行為を禁止する条例を設けています。

これらの料金は、メニューなどに表示されていないこともあり、事前に金額や料理を知らなかったことから、支払いの際にトラブルになることがあります。

ここに気をつけよう!

注意お店に入ったら、席に着く前に、注文した飲食代の他にどのような料金がかかるかを確認する

印刷用PDFはこちら(PDF:404KB)

困ったときには、まず相談
 
東京都消費生活総合センター
相談専用電話 03-3235-1155
消費生活相談窓口のご案内

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。
悪質事業者通報サイト
※寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

その他の「とらぶるの芽」はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.