ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > とらぶるの芽(記事一覧) > とらぶるの芽(No.25)

更新日:2015年6月16日

とらぶるの芽 No.25

こんなところにとらぶるの芽(No.25)
~ちょっと気になる消費生活情報をお届けします~

警告表示をして、セキュリティーソフトを購入させる詐欺広告に注意!!

スマートフォントラブル男性

「ネットに接続していたら、警告表示が出たので、クリックしてソフトを購入したが、導入しているウィルス対策ソフト会社とは別の会社のもので、導入済みのソフトではエラーは出ていない。大丈夫か。」 「広告表示が頻繁に出るようになった。」 などの相談が寄せられています。

  警告表示は「詐欺広告」の可能性があります。実際にはシステムに問題がなくても警告を表示させてソフトを購入させる手口です。 

詐欺広告表示の例

  • 「あなたのPCは修理が必要です。今すぐここをクリックしてください。」
  • 「システム内でスパイウェアが発見されました。」
  • 「お使いのPCがクラッシュ寸前です。」
  • 「PCのパフォーマンスが低下しています。ここをクリックしてエラーを修正してください。」
  • 「お使いのパソコンの性能が低下しています。」
  • 「ウィルスに感染しています。すぐに処置を行ってください。」

詐欺広告例PC詐欺広告例
下矢印

「無料ダウンロード」と表示されていても、最終的には有償版を購入するように誘導されます。なお、クリックしたダウンロードサイトの画面にこのソフトとは関係のない実在する会社名やロゴを表示しているものもあります。 

 なぜ、頻繁に広告表示されるようになってしまったのでしょうか。

 フリーソフトをダウンロードする際などに広告表示をするプログラム(アドウェア)が付いてきてしまっている可能性があります。

フリーソフトダウンロード時の広告表示機能インストールの例

フリーソフトダウンロード画面例

フリーソフトをダウンロードする際に、上の図の例のようなチェックを外さないとアドウェアもインストールされてしまいます。
また、悪意のあるウェブサイトからウィルス感染して入り込む場合もあります。

パソコン操作高齢者

ここに気をつけよう!

  注意

印刷用PDFはこちら(PDF:295KB) 

 【詐欺広告に関する情報は下記のホームページでご覧になれます】 

困ったときには、まず相談
 
東京都消費生活総合センター
相談専用電話 03-3235-1155
消費生活相談窓口のご案内

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。
悪質事業者通報サイト
※寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

その他の「とらぶるの芽」はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.