ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > とらぶるの芽(記事一覧) > とらぶるの芽(No.21)

更新日:2013年9月2日

とらぶるの芽 No.21

 こんなところにとらぶるの芽No.21(2013年9月)
~ちょっと気になる消費者情報をお届けします~

その事業者、大丈夫?  金融商品取引を始める前に

金豚貯金箱

金融商品取引業者には、様々な規制が課せられています。金融商品取引を始める前にこれらのルールを守っている事業者かどうかを必ず確認しましょう。

金融商品の販売等を行うには、原則として、金融商品取引業者としての登録が必要です。
扱う金融商品によって種別があります。

 金融商品一覧

ファンド業務外部サイトへリンク(ファンドの運用や販売勧誘)については、適格機関投資家等特例業者(届出業者)として一定の要件を満たせば、投資運用業や第二種金融商品取引業の登録を受けなくても、簡易な届出のみで行えます。

(要件)以下の顧客を相手に業務を行うこと

  1. 適格機関投資家(いわゆるプロ投資家)1名以上
  2. 1以外の者(いわゆる一般投資家)49名以下

株式市場

★ 問題のある悪質なファンド業者の例

  • 出資金を運用資産以外に流用している
  • 50名以上の一般投資家から出資を集めている
  • プロ投資家の出資がない
  • 無登録業者に販売・運用業務を委託している

★ いわゆる「医療機関債」や「CO2の排出権取引に係る投資」は、金融商品取引法が適用になりません。

ここに気をつけよう! 

  •  cyuuiまずは、金融商品を提供する業者が登録業者であるかを確認する 
  •  問題のある事業者の公表をチェックする
  •  自分で理解できない金融商品は買わない
  •  勧誘方針が公表されているか確認する
    下記の金融商品販売法の規制を参照
  •  購入意思がないなら、勧誘はきっぱりと断わる
  •  疑問、不安に思ったら、すぐに最寄りの消費生活センターに相談する  

消費者(投資家)保護のために金融商品の販売・勧誘についての規制があります

金融商品取引法における規制

⇒金融商品取引業者が守るべきルールを定め、違反がある場合には行政処分等を行うことにより、業者にルールを守らせる
[対象金融商品] 
1 有価証券(株券、債券、投資信託、抵当証券、信託受益証券等)
2  デリバティブ取引外部サイトへリンク 
3 みなし有価証券(ファンド、信託受益権等)

(規制例)

  • 利益の見込み等について、著しく事実に相違する表示をすること、著しく人を誤認させるような表示をすることを禁止
  • 虚偽の説明の禁止
  • 損失補てんの禁止
  • 顧客の知識や経験、契約を締結する目的に照らして不適当と認められる勧誘を行わない
  • 不招請勧誘(顧客の求めがない電話・訪問等による勧誘をしてはならない)、再勧誘の禁止など

金融商品販売法※における規制
※「金融商品の販売等に関する法律」

⇒金融商品取引業者の顧客に対する義務等と義務違反の場合の損害賠償責任について定める
[対象金融商品] 金融商品取引法の対象商品のほかに、以下のものが含まれる
1 預貯金(投資性の弱いもの)
2 保険(投資性の弱いもの)

(規制例)※無登録業者にも適用されます

  • 金融商品がもっているリスク等の重要事項について、顧客に説明する義務
    1 元本割れが生じるおそれがあるときはその旨及びその原因についての説明
    2 デリバティブ(金融派生商品)などについては、権利を行使できる期間の制限や解約期間の制限についての説明
  • 業者は説明義務を怠った場合に、顧客が被った損害を賠償しなければならない 
  • 業者は販売のための勧誘方針を策定して公表しなければならない

印刷用PDFはこちら(PDF:526KB)

  【金融商品に関する情報は下記のホームページでご覧になれます】


困ったときには、まず相談
東京都消費生活総合センター
相談専用電話 03-3235-1155
消費生活相談窓口のご案内

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。
悪質事業者通報サイト
※寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

その他の「とらぶるの芽」はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.