ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 取引・表示指導 > 架空請求対策(STOP!架空請求!) > 架空請求とは

更新日:2013年3月21日

架空請求とは

これは架空請求です

 

架空請求の種類

よく分からない請求内容のハガキやメール、突然画面に現われた請求書等は架空請求の疑いがあります。まず落ち着いて家族や消費生活センター等に相談しましょう。

メール関係

メール

不特定多数にメールを送信してくるものです。
メールに記載されているURLにアクセスするとアドレスが相手に認識されてしまい執拗な請求メールが届くようになります。
これはハガキなどとは異なり何度も請求が届くので心理的不安が大きく、振り込んでしまうケースが多いので気をつけましょう。

アダルトサイト関係

アダルトサイト

いわゆる「ワンクリック詐欺」に該当するものです。
 例えば「18歳以上ですか?」で「はい」をクリックしたり無料サンプル画像をクリックしただけで請求画面が現れます。
 これは利用者を不安にさせて短期間でお金を振り込ませる手口です。請求書に書かれているIPアドレスやプロバイダから個人が特定されることは、まずありません。

無料出会い系サイト関係

出会い系サイト

無料のAサイトに登録したら、B、Cの有料サイトに登録されるものです。
いわゆる二重登録で無料サイトに登録すると同時に有料サイトにも登録されてしまい、有料サイトから請求されます。

ハガキ関係

ハガキ

名簿などを基に同じ内容で不特定多数に送りつけるものです。
例えば「アダルトサイトの利用料金が滞納している」などという名目で請求してきます。
これも人を不安にさせて、お金を振り込ませる手口です。自宅へ取り立てに行く、会社に連絡するなどと言って不安をあおります。

電話(アダルトボイス)

電話

電話の着信履歴に残った番号へかけなおしたらアダルトボイスにつながり、電話を切っても電話がかかって料金を請求されます。
また、身に覚えのない料金をアダルトボイス業者から請求されます。

架空請求に関する相談

東京都消費生活総合センター
架空請求110番 電話:03-3235-2400 受付時間 月~土 午前9時~午後5時

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部取引指導課指導計画担当

電話番号:03-5388-3072

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.