ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 取引・表示指導 > 処分事業者等一覧 > 「写真を撮るだけ3日で3万」などと広告を掲載して情報商材を販売する事業者にご注意ください!

更新日:2017年10月30日

「写真を撮るだけ3日で3万」などと広告を掲載して情報商材を販売する事業者にご注意ください!

 本日、ウソの広告を掲載して情報商材を販売する事業者事業者について、東京都消費生活条例第27条に基づく調査の結果を情報提供しました。

 都は消費者庁と合同で、「あなたの写真が今すぐお金に変わる」「3日以内に3万円」などの広告を掲載している事業者の調査を行いました。
調査の結果、「株式会社アイデア」(以下、「アイデア」という。)が不適正な取引行為を行っていたため、東京都消費生活条例第27条の規定に基づき、消費者被害及び拡大を防止するため、調査の経過及び結果を明らかにし、消費者の皆様に注意を呼び掛けます。


※情報商材とは・・・インターネット等で販売されているお金の儲け方などに関する情報のこと。

事業者の概要

名 称

株式会社アイデア

代表者

片桐 直人(片桐 尚登(注1))

所在地

東京都港区麻布十番1-2-7 ラフィネ麻布十番701(注1)

東京都渋谷区広尾一丁目7番20号DOTビル2F(注2)

ウェブサイト

http://idea-idea.co.jpほか

(注1)アイデアのウェブサイトに記載されていた内容。
(注2)アイデアの商業登記簿に現在記載されている住所。なお、アイデアの本店所在地は、平成29年8月1日に、東京都江東区亀戸七丁目38番11-806号から移転されている。 

*同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

 勧誘の手口

勧誘フロー図

  1. アイデアは、インターネット上に開設した「カシャカシャビジネス」というウェブサイトや消費者あての電子メール等で、「あなたの写真が、今すぐお金に変わる!」「写真を撮影して、3日以内にお金を稼ぐ方法」「この方法で、月収200万円以上稼いでいる人もいます」「スタート3日以内に3万円稼げる!」「日給5万円(月収150万円)目指せるカシャカシャビジネス」などの広告を掲載し、あたかも写真を撮ってインターネットにアップするだけで簡単にお金が稼げるかのように見せかけて消費者の関心を引く。
  2. アイデアは、消費者に対し「通常価格10万円のところ、今なら2万円」「お急ぎください!残り枠○○名」などと事実ではないことを告げて、「スマホ1台で稼いでいく方法を解説した入門マニュアル カシャカシャブック(電子書籍版)」(以下、「カシャカシャブック」という。)PDFのデータを購入するように誘引する。
    消費者が購入を申し込むと、アイデアから、インスタグラム に消費者が撮影した写真をアップし、フォロワー を増やせば写真が販売できて、誰でも簡単に稼ぐことができることなどを解説した情報商材「カシャカシャブック」をダウンロードするURLが電子メールで送られてくる。
  3. 「カシャカシャブック」には、「3日間でインスタグラムのフォロワーを●●人以上集めた方に、現金3万円をプレゼントします。少なくとも2万円でカシャカシャブックをお買い求めされた場合はプラス1万円稼げるということですね!詳しくはカシャカシャビジネスお電話サポートにて確認ください。」「特別コースのご紹介。1万円の利益じゃ物足りない。さらに高い収益を狙いたい方へ。プラス料金7~150万円が発生してしまいますが、インスタアップ(自動集客ツール)を使用し、徹底したサポートを受けながらカシャカシャビジネスを体験できます。」などと記載されているほか、カシャカシャビジネスで写真を販売するなどしてお金を稼いだという多数の体験談も記載されているため、消費者はカシャカシャビジネスに参加すれば、簡単に稼ぐことができるのではないかと誤認をし、詳細を聞こうとアイデアの電話予約入力フォームに、電話希望日時を入力する。
  4. アイデアは、入力フォームに登録した消費者に電話をかけて、「スマホだけで簡単に儲かる」「チャンスを逃すんですか。先日加入した人は1か月で45万円とか稼いでますよ」「自分は100万円コースに入っていて何百万円も儲けている」などと、あたかも簡単に高額を稼ぐことができるかのように説明し、7万円から150万円の特別コースに入るよう勧誘する。
  5. アイデアは、インスタアップ(自動集客ツールアプリケーション)を使用してフォロワーを増やしながら、インスタグラム上に写真をアップすると、インフルエンサー(影響力のある人)として企業からの広告案件を獲得できるなど、あたかも簡単に稼ぐことができるかのように勧誘するが、実際は写真を購入するかどうかは個々の閲覧者の判断であるため、カシャカシャビジネスは誰もが簡単に稼げるような仕組みにはなっていない。

合同調査の実施

アイデアの行為により、消費者被害が急速に拡大していることを踏まえ、早期に注意喚起を行う必要があったため、東京都は、消費者庁と協力して消費者安全法及び東京都消費生活条例に基づき、迅速かつ効率的に調査を行った。 

合同調査によって確認された事実

    [ ]内は東京都消費生活条例施行規則で定めた不適正な取引行為に該当する条項

  1. ウェブサイトには、実際の活動場所や登記上の所在地とは異なる、「港区麻布十番」のバーチャルオフィス(貸し住所)の住所のみを記載していた。
    [東京都消費生活条例施行規則第6条第7号 事業者住所等の不明示] 
  2. アイデアのウェブサイトには、「カシャカシャブック通常価格10万円→今だけ会員様特別価格2万円」などと記載されていたが、代表者への事情聴取から、アイデアが過去に10万円で販売していた事実はなかった。
    [東京都消費生活条例施行規則第6条第4号 有利誤認を招く表示]
  3. 同ウェブサイトやカシャカシャブックには、「月収200万円以上稼いでいる人もいます」「残り枠○○名」や実際に稼げているとする体験談が多数記載されていたが、代表者への事情聴取から、これらの事実はなく、虚偽であることが判明した。
    [東京都消費生活条例施行規則第6条第3号 虚偽の情報の提供]
  4. アイデアの代表者は、事業を閉鎖する旨を申し立てており、カシャカシャビジネスのウェブサイトは平成29年8月31日をもって閉鎖されているが、平成29年10月26日現在、商業登記については解散登記も清算人選任登記もなされていない。
  5. インスタグラムを運営するインスタグラム社では、インスタアップの自動的にフォロワーを増やす機能は、現実の人間によって行われたものであるとの誤った印象を利用者に与えることになり、インスタグラムの利用規約に違反するため、このような行為が行われていることが判明した場合には、当該行為を行っている者のアカウントを削除するなどの対処をしている。
  6. アイデア以外にも情報商材に関する相談は数多く寄せられており、今後別の事業者が今回の事案と同様の手口で消費者被害を引き起こす蓋然性が高い。

株式会社アイデアに関する都内の消費生活相談の概要

相談件数

契約者平均年齢

平均契約額

23件

約47.9歳
(26歳~82歳)

約27.4万円
(最高:100万円)

  ※平成29年10月26日現在

消費者の皆さんへの注意

  • ホームページに掲載されている全ての情報が事実とは限りません!インターネット上には簡単に短時間で大金を稼げる「おいしい話」がたくさんありますが、鵜呑みにせず、冷静に検討しましょう。中には事業者が架空の体験談やテレビ取材、統計データ等を掲載し、消費者を信用させようとするものがありますので、注意しましょう。
  • 困ったときはすぐに相談!契約内容等に不安を感じたら、すぐに最寄りの消費生活センターにご相談ください。

 参考資料

東京都消費生活総合センター
 03-3235-1155(相談専用電話)

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。

悪質事業者通報サイト

寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター

電話番号:03-3235-1155【相談はこちら】

東京都生活文化局消費生活部取引指導課取引指導担当

電話番号:03-5388-3073【本件問い合わせはこちら】

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.