ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 取引・表示指導 > 処分事業者等一覧 > 条例第27条に基づく情報提供(和牛預託商法)

更新日:2015年3月5日

破たんした和牛預託商法の出資金の一部返還等をうたう事業者にご注意ください!

 本日、破たんした和牛預託商法の出資金の一部返還等をうたう2事業者について、東京都消費生活条例第27条に基づく調査の結果を情報提供しました。

 平成27年1月以降、『和牛預託商法で破たんした「ふるさと牧場」の債権を継承したので、あなたがふるさと牧場に出資していた金の一部を返還する』という趣旨の通知が封書で送られてきたのでどうしたらよいかという相談が、都内の消費生活センターに寄せられています。
東京都が調査したところ、架空の会社によるもので、今後も同様の手口による消費者被害が発生すると考えられるため、東京都消費生活条例第27条に基づき調査結果を情報提供します。

事業者の概要

会社名 : 明光アドバンス株式会社
所在地 : 東京都江戸川区南篠崎町1-*-* 又は 東京都新宿区新宿4-*-*

[関係会社]
会社名
 : 株式会社興和トラストジャパン
所在地 : 東京都新宿区新宿4-*-*

※所在地は実在する住所ですが、上記会社はそこに存在しないため、表示していません。

事業者の手口

  1. 事業者は、既に解散した「ふるさと牧場」の債権を継承したとして、出資金の一部の返還を行うので、手続きをするようにとの通知を消費者に送付してきます。
  2. 具体的には、債権を継承した当該事業者と興和トラストジャパンが合併するので、新会社の株主になれば利益剰余金の配分として100株につき63万5千円の配当を受けられると消費者に持ちかけ、事前に手数料として1株当たり4千円を支払うというものです。
  3. 事業者は、「ふるさと牧場」の出資者だけでなく、無関係の消費者にも通知を送付しています。 

調査結果

  1.  明光アドバンスと興和トラストジャパンのいずれも法人登記はありません。また、所在地には双方とも存在している事実はなく、架空の会社の可能性があります。
  2. 「ふるさと牧場」は平成21年に破産手続きが完了しているため、利益剰余金がある、又は株式交換をするということはありません。

主な相談内容

(1)事業者から封筒が届いたが、自分は和牛預託商法の被害者弁護団に加わり事件が終了していたため、通知を無視していた。ところが電話があり、100万円を返金すると言う。本当だろうか。
(2)明光アドバンスという覚えのない会社から封筒が送られてきた。内容が理解できないので電話したところ、「あなたはふるさと牧場に以前1株1万円で200株出資している。配当金を支払いたい。負担は一切ない。」と言う。自分には出資した記憶がないので断ったが不審。
(3)知らない会社からの通知を無視していたところ、電話がかかってきて「出資者の名簿に載っているので再度書面を送る。早急に手続きをしてほしい。」と言われた。後日送られてきた書面には手数料40万円を支払えば、63万5千円の配当金が支払われるという内容だった。また電話が来たらどうしたらよいか。

明光アドバンスに関する都内の消費生活相談の概要

  27年1月 27年2月 合計 封筒を送付された当事者の年齢
件数
41件
4件
45件
平均63.8歳(42歳~83歳)

 ※平成27年3月2日現在  

消費者の皆さんへの注意

  • 既に連絡を取ってしまっている方は、すぐに最寄りの消費生活センターに相談してください。また、決して事業者に金銭を支払わないでください。
  • かつて受けた被害を回復できるという勧誘は、被害をさらに拡大する可能性があります。一度被害にあわれた方は、狙われやすいので十分な注意が必要です。
  • 過去の投資と無関係な消費者にも勧誘が行われることがあるので、きっぱりと断りましょう。
  •  不審な電話は相手にせず、少しでも疑問に思ったら最寄りの消費生活センターに相談しましょう。
参考:和牛預託商法とは

和牛オーナーとして出資金を募り、牛の売却利益から経費等を引いて配当する仕組み。かつて低金利の状況が続いた時に10%以上の高配当であるとして、多くの消費者が出資したものの、会社側の負債が膨らみ、ほとんどの会社が破たんし、莫大な消費者被害が発生した。

参考資料

 

東京都消費生活総合センター
03-3235-1155(相談専用電話)

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。

悪質事業者通報サイト

寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部取引指導課取引指導担当

電話番号:03-5388-3074

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.