ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 取引・表示指導 > 過去のコンプライアンス講習会開催結果

更新日:2016年9月13日

過去のコンプライアンス講習会開催結果

今年度の講習会についてはコチラから

 平成27年度「事業者向けコンプライアンス講習会」開催結果

   1104_a東京都では、事業者の方々が不適正な取引を防止し、適切な商品やサービスの実践など、法令を遵守した事業活動に取り組んでいけるよう、法律や違反事例の解説を取り入れた平成27年度「事業者向けコンプライアンス講習会」を開催しました。
今年度は特定商取引法に関する講習を事業形態別に2コース、景品表示法に関する講習を1コース、3コース計990名の参加がありました。

 講習会では、法令解説や指導事例解説のほか、業界団体から現場の視点に基づく指導・相談事例等についての話がありました。

開催概要

Aコース:特定商取引法に関する講習(通信販売を行う事業者向け)
日時

平成27年11月4日(水曜日)
13時00分~17時15分

受講者

261名
会場

都民ホール

(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都議会議事堂)

講師

池本 誠司(弁護士) 

八代 修一(公益社団法人日本通信販売協会消費者相談室長)

Bコース:特定商取引法に関する講習(訪問販売、電話勧誘販売、特定継続的役務提供を行う事業者向け) 

日時

平成27年11月5日(木曜日)
13時00分~17時05分

受講者

214名
会場

都民ホール
(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都議会議事堂)

講師

洞澤 美佳(弁護士)

Cコース:景品表示法に関する講習(広告表示を行う事業者向け)

日時

平成27年11月9日(月曜日)
13時15分~17時30分 

受講者

515名
会場

都庁大会議場

(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号東京都庁第一本庁舎5階)

講師

東京都生活文化局消費生活部取引指導課職員

吉田 巌(公益社団法人日本広告審査機構)

参加状況

 今年度は、今般実施された法改正の影響により、各コースの受講希望者が昨年度より増加しました。特に、AコースとCコースについては、定員数を上回る受講希望があったため、抽選を行いました。

平成26年度コンプライアンス講習会開催結果

H26コンプライアンス講習会写真  東京都では、事業者の方々が不適正な取引を防止し、適切な商品やサービスの実践など、法令を遵守した事業活動に取り組んでいけるよう、法律や違反事例の解説を取り入れた平成26年度「事業者向けコンプライアンス講習会」を開催しました。
今年度は景品表示法に関する講習を1コース、特定商取引法に関する講習を事業形態別に2コース開催し、3コース計1,056名の参加がありました。

  講習会では法令解説や指導事例解説のほか、業界団体からコンプライアンス状況報告が行われました。 また、東京都から今年度作成した法令学習コンテンツ「クイズで学ぶ法令遵守」の報告をしました。

開催概要

Aコース:景品表示法に関する講習(広告表示を行う事業者向け)
日時 平成26年10月27日(月曜日)
13時15分~17時30分 
受講者 553名
会場 都庁大会議場
(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第一本庁舎5階)
講習内容 1 景品表示法に関する講習
講師:東京都生活文化局消費生活部取引指導課職員
2 広告の指導事例に基づく業界のコンプライアンス状況報告
報告者:公益社団法人日本広告審査機構
Bコース:特定商取引法に関する講習(通信販売を行う事業者向け) 
日時 平成26年10月28日(火曜日)
13時30分~17時15分
受講者 258名
会場 都民ホール
(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都議会議事堂)
講習内容 1 特定商取引法に関する講習
講師:弁護士 釜井 英法
2 消費者からの苦情相談に基づく業界のコンプライアンス状況報告
報告者 公益社団法人日本通信販売協会
Cコース:特定商取引法に関する講習(訪問販売、電話勧誘販売、特定継続的役務提供を行う事業者向け)
日時 平成26年11月4日(火曜日)
13時00分~17時30分 
受講者 196名
会場 東京ウィメンズプラザホール
(東京都渋谷区神宮前五丁目53番67号 東京ウィメンズプラザ)
講習内容 特定商取引法に関する講習
講師:弁護士 洞澤 美佳

平成26年度「事業者向けメニュー・料理等の食品表示に係るコンプライアンス講習会」開催結果

  東京都では、実際の食材と異なるメニュー等の表示が行われた事例が相次いだことを受け、消費者に誤解を与えないメニュー・料理等の食品表示にかかる景品表示法の考え方を中心に、遵守すべき法令の解説を行う「事業者向けメニュー・料理等の食品表示に係るコンプライアンス講習会」を開催しました。

1 開催概要

■渋谷会場

日時

平成26年5月27日 火曜日
(1)10時30分~12時30分
(2)14時00分~16時00分

受講者

(1)132名

(2)161名

会場

東京ウィメンズプラザホール
(渋谷区神宮前五丁目53番67号)

講師

消費者庁職員
■立川会場

日時

平成26年5月30日 金曜日
14時00分~16時00分

受講者数

81名 

会場

立川商工会議所第6会議室
(立川市曙町二丁目38番5号)

講師

消費者庁職員

2 講習内容

3 講習会概要

 メニュー・料理等の食品表示に係るコンプライアンスについて、景品表示法の「不当」の判断が難しいことを踏まえて、最初に景品表示法の根本的な考え方について説明がありました。後半は食品表示で多く見受けられる「優良誤認」について事例を交え、更に詳しい解説がありました。

 その後、都が作成した「事業者向けガイドブック 景品表示法の正しい知識 気を付けたいメニュー・料理等の食品表示」について説明しました。

〔講習の主な内容〕

  • 景品表示法は、JAS法のように一定の事項の表示を義務付けるものではなく、消費者に著しい誤認を与える表示を禁止する法律である。
  • 「不当表示」であるかどうかには一律不変の基準はなく、表示に根拠があるのか、一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがないかなど、個別事案ごとに判断される。
  • 故意・過失を問わず、結果として「誤認を与える表示をした」ことをもって法に抵触する。
  • 「他事業者に表示を任せていた」としても、任せたことで表示の内容の決定に関与した事業者となる。
  • 事業者の方々も自分が一人の消費者として見た場合誤認することがないか

平成25年度コンプライアンス講習会開催結果

h25comp東京都では、法令を遵守した事業活動推進のため、事業者向けの法令講習会を毎年開催しています。
今年度は特定商取引法と景品表示法に関する講習を3日間開催し、約900人の方が参加されました。
講習会では法令解説のほか、事業者や業界団体の方による法令順守に関する取組み報告も行いました。

Aコース 特定商取引法に関する講習(通信販売を行う事業者向け)

日時:平成25年11月5日(火曜日)13時15分~16時40分
会場:都庁大会議場(第一本庁舎5階)

講習内容等
1.通信販売に係る法令・指導事例等の解説
講師:齋藤 雅弘(弁護士)
2.取組み事例紹介等
報告者:公益社団法人 日本通信販売協会

受講者256名

Bコース 特定商取引法に関する講習(訪問販売・特定継続的役務提供※を行う事業者向け)

日時:平成25年11月6日(水曜日)10時~16時30分
会場:都庁都民ホール(都議会議事堂1階)

講習内容等
1.訪問販売・特定継続的役務提供に係る法令・指導事例の解説
講師:村 千鶴子(弁護士、東京経済大学教授)
2.取組み事例紹介等
報告者:公益社団法人 日本新聞販売協会

受講者201名

Cコース 景品表示法に関する講習(広告表示を行う事業者向け)                       

日時:平成25年11月11日(月曜日)10時~16時30分
会場:都庁大会議場(第一本庁舎5階)

講習内容等
1.景品・表示に関する法令の解説
講師:消費者庁職員
2.景品・表示に関する指導事例等の解説
講師:公益社団法人 日本広告審査機構(JARO)
3.取組み事例紹介等
報告者:株式会社 資生堂

受講者481名

※ 特定継続的役務提供:エステティックサロン、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービス

平成24年度コンプライアンス講習会開催結果

不適正な取引や不当表示による消費者被害が後を絶たない中、事業者が消費者の立場に立ち、法令を遵守した事業活動を推進するよう、景品表示法及び特定商取引法の概要や法令違反事例の解説などを行う講習会を開催し、約千人の方が参加されました。

Aコース 対象者:広告表示を行う事業者向け(景品表示法に関する講習)
平成24年11月5日(月曜日)
10時~16時15分
会場:都庁大会議場
(第一本庁舎5階)
講習内容等
講師:消費者庁表示対策課職員
(1)景品表示法の概要
(2)法令違反事例の解説等
Bコース 対象者:通信販売を行う事業者向け(特定商取引法に関する講習)
平成24年11月12日(月曜日)
第1回:10時~12時30分
第2回:13時30分~16時
会場:東京都消費生活総合センター
(セントラルプラザ17階)
講習内容等
講師:池本 誠司(弁護士、東京都消費生活対策審議会委員)
(1)特定商取引法の通信販売に係る法令解説
(2)法令違反事例の解説等
Cコース 対象者:訪問販売及び特定継続的役務提供等に該当する事業者向け(特定商取引法に関する講習)
※ 特定継続的役務提供:エステティックサロン、語学教室、学習塾などのサービス
平成24年11月14日(水曜日)
10時~16時15分
会場:都庁都民ホール
(都議会議事堂1階)
講習内容等
講師:池本 誠司(弁護士、東京都消費生活対策審議会委員
(1)特定商取引法の訪問販売・特定継続的役務提供に係る法令解説
(2)法令違反事例の解説等

平成23年度コンプライアンス講習会開催結果

平成23年度は、主に通信販売を行う事業者の方及び訪問販売、特定継続的役務提供などの特定商取引法の取引類型に該当する事業者の方などを対象に、法令を遵守した事業活動が推進されるよう、景品表示法及び特定商取引法の概要や法令違反事例の解説などを行い、事業者の方に関係法令の基礎的な知識を習得していただくことを目的に開催しました。

Aコース:主に通信販売などを行う事業者向け

  開催日 会 場 受講者数
第1回 平成23年11月 8日(火曜日)
10時から16時45分まで
都庁大会議場 403人
第2回 平成23年11月24日(木曜日)
10時から16時45分まで
多摩消費生活センター 90人

講習内容等

講習内容 時間 講師
(1)景品表示法の概要 10時00分~12時15分 消費者庁表示対策課職員
(2)景品表示法違反事例の解説 13時30分~15時30分 公益社団法人日本広告審査機構職員
(3)通信販売と特定商取引法 15時45分~16時45分 経済産業省関東経済産業局職員

Bコース:主に特定商取引法の取引類型のうち、主に訪問販売及び特定継続的 役務提供などに該当する事業者向け

  開催日 会 場 受講者数
第1回 平成23年11月11日(金曜日)
10時から16時45分まで
都庁都民ホール 225人
第2回 平成23年11月25日(金曜日)
10時から16時45分まで
多摩消費生活センター 67人

講習内容等

講習内容 講  師
特定商取引法の概要
及び違反事例の解説
弁護士、東京経済大学教授 村 千鶴子

平成22年度コンプライアンス講習会開催結果

平成22年度は、景品表示法及び特定商取引法に関連のある事業者及び関係団体の方々を対象に、関係法令の概要説明、法令違反事例の解説などを行い、法令を遵守した事業活動と消費者利益の保護に向けた取り組みの推進されるよう実施しました。

  開催日・会場 内容 参加者数
立川会場 平成22年12月1日(水曜日) 午前:景品表示法に関する講習
午後:特定商取引法に関する講習
90人
多摩消費生活センター 70人
江戸博会場 平成22年12月7日(火曜日) 370人
江戸東京博物館ホール 320人

講習内容等

講習内容 講  師
景品表示法に関する講習
(景品表示法の概要説明、「優良誤認」「有利誤認」にあたる表示の具体的な事例及びその考え方などを解説)
社団法人日本広告審査機構
林 功 審査部長
特定商取引法に関する講習
(平成21年12月の法改正のポイントや法令違反事例(東京都における処分事例)等の解説)
齋藤 雅弘 弁護士
(四谷の森法律事務所)

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部取引指導課指導計画担当

電話番号:03-5388-3072

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.