東京くらしねっと 7月号

東京くらしねっと 7月号

7月はフレッシュ市場 アユ(鮎)

 アユは、北海道南西部から南九州まで、各地に生息しています。
 秋に川で産卵し海にくだり、春になると川にのぼって、けい藻などの藻を食べて育ちます。現在では、ダムや河川の護岸工事などで天然のアユが育つには環境が厳しくなったため、各地で稚魚の放流や養殖が盛んに行われています。市場にも天然ものは入荷しますが、量が不安定であるため、価格が比較的安定した養殖ものが主流となっています。
 食べ方は何といっても塩焼きが一番でしょう。アユは別名「香魚」とも呼ばれています。その香りも一緒に味わってください。また小ぶりの稚魚は天ぷらやから揚げにしても美味です。アユの内臓を使って作る「うるか」(塩辛)も大人の味でおすすめです。
 アユは初夏から秋口が旬です。踊り串を打って焼いた姿にも清涼感があるものです。この夏は、姿ともどもアユの涼味を感じてみてください。

〈資料提供〉東京都中央卸売市場築地市場 大都魚類株式会社

市場のことをもっともっと知ってもらうため生まれた「イッチーノ」。
市場大好きイッチーノが「東京のいちば」の魅力を伝えていきます!
詳しくは「東京いちば」検索
http://www.tokyoichiba-project.metro.tokyo.jp

イラスト イッチーノ

過去の記事はこちらから

項目別バックナンバー

このページの上に戻る

東京都消費生活総合センター