東京くらしねっと 10月号

東京くらしねっと 10月号

フレッシュ市場 10月はぎんなん

 ぎんなんは、黄葉の美しい街路樹でよく知られているイチョウの木の実で、ぎんなんもイチョウも漢字は同じ「銀杏」と書きます。日本へは、鎌倉時代に中国から仏教と共に朝鮮半島を経て伝わったと言われ、今では全国的に栽培されています。主産地は、愛知県、福岡県、大分県、新潟県などです。
 イチョウには雄木と雌木があり、ぎんなんは雌木にしかなりません。実の外側は柔らかい果肉で、中に白く硬い殻の種があり、この種の中の胚乳が、普段ぎんなんとして食している部分です。栄養価の高い食品ですが、中毒を引き起こす物質も持っているので、たくさん食べるのは厳禁です。
 粒が大きく、殻がよく乾燥して白くツヤがあり、振ってみて音のしないものが中身の詰まっている良いものです。殻が黒ずんでいるものは、古くなっているので避けましょう。皮をむいてゆでると、新鮮なものはきれいなエメラルド色です。時間が経つと黄色くなっていきます。
 保存方法は、短期間ならば殻のまま冷蔵庫に入れておき、さらに長期間保存するときは、殻をむいて塩茹でし、冷凍します。
 焼いて良し、揚げて良し、今が旬のぎんなんをどうぞご賞味ください。

〈資料提供〉東京都中央卸売市場 築地市場
東京シティ青果株式会社

市場のことをもっともっと知ってもらうため生まれた「イッチーノ」。
市場大好きイッチーノが「東京のいちば」の魅力を伝えていきます!
詳しくは「東京いちば」検索
http://www.tokyoichiba-project.metro.tokyo.jp

イラスト イッチーノ

過去の記事はこちらから

項目別バックナンバー

このページの上に戻る

東京都消費生活総合センター