ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 消費生活総合センター > 悪質商法被害防止共同キャンペーン > ひとりで抱え込まず すぐ相談!(若者) > 若者に多いトラブル紹介

更新日:2017年12月20日

~若者に多いトラブル紹介~

マルチ商法/マルチまがい商法

マルチ商法/マルチまがい商法とはそもそも?

会員になって商品を購入すれば、マージン(紹介料)がもらえる商法。
入会後に、人を紹介すれば収入が得られると告げられるマルチまがい商法も増えています。

相談インコのワンポイントアドバイス!

 相談インコ
・友達を紹介すれば儲かると誘われても、簡単に次の人は誘えません。
たとえ、友達が契約してくれたとしても今度はあなたが加害者になります。
・「お金がない」と断ると、無理やり消費者金融(サラ金)やクレジット契約を組ませることも。
「みんなが借りているから大丈夫」という言葉に惑わされないで。
クレジット契約もサラ金も『借金』です。
・友達から誘われて、断るのが気まずくても、きっぱりと断る

<こんな手口にも注意!>
大学生などでは、イベントチケットを友人に販売したら儲かると言われ、契約させ、解約を申し出ると、高額な違約金を払えと脅してくる。

 

アポイントメントセールス

アポイントメントセールスとはそもそも?

販売の目的を告げずに、喫茶店や営業所に呼び出して、契約しないと帰れない状況にして高額な契約を結ばせる商法。

相談インコのワンポイントアドバイス!

相談インコ
「あなただけ特別!」、「チャンスは今だけ!」などと気を引く言葉で勧誘されてもその場の雰囲気で契約をしない。
・安易に個人情報を教えない。

<こんな手口にも注意!>
「いろいろな方と交流したい」などと友人関係を作るのが目的のように装い、SNSでメッセージを送り、喫茶店等に誘い出し、投資のノウハウが収録された高額なUSBメモリを購入させる。

架空請求/不当請求

架空請求/不当請求とはそもそも?

「支払わないと法的手続きに入ります」などと根拠のないSMSを送りつけて連絡させようとする。
また、アダルトサイトなどで、安易にクリックしたら「登録完了」などと表示され、高額な料金を請求されるワンクリック請求のトラブルも多発しています。

相談インコのワンポイントアドバイス!

相談インコ
・「至急連絡するように」との文句に慌てて、電話やメールをしない。
・身に覚えのない請求には、応じない。
・不要なメールや電話は、受信・着信拒否設定などの対策をとる。

<こんな手口にも注意!>
有名企業などをかたって、架空請求メールを送ってくる。
コンビニで電子ギフト券を購入し、その番号を教えるよう指示される。

SNS等をきっかけとしたトラブル

ケース1

SNSでエステが安くなる、無料で体験できるといった広告を見つけ店に出向いた。
施術後、いろいろと説明をされ、高額な脱毛エステの契約をさせられた。

ケース2

アルバイト情報サイトでエキストラ募集を見て出向いたら、事務所のオーディションを受けさせられ、合格後にレッスンの契約をさせられた。

相談インコのワンポイントアドバイス!

相談インコ
本来の目的と違う契約を勧められても、その場で安易に契約しない。

 

都内消費生活相談窓口

 

相談番号画像

区市町村の相談窓口

 東京都内消費生活相談窓口一覧(23区)

 東京都内消費生活相談窓口一覧(市・町)

 

 

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当

電話番号:03-3235-1157

ファックス番号:03-3268-1505

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.