ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 消費生活総合センター > 悪質商法被害防止共同キャンペーン > 照らそう高齢者!防ごう悪質商法!/高齢者悪質商法被害防止共同キャンペーン

更新日:2016年8月10日

照らそう高齢者!防ごう悪質商法!

高齢者被害防止ポスターB3サイズ
※9月は、関東甲信越ブロック高齢者悪質商法被害防止共同キャンペーン期間です。 詳細はこちらから。

「劇場型勧誘」巧みな芝居にご注意! 

共通するのは、立場の違う複数の人が入れ代わり立ち代わりで勧誘してくることです。

 例えば・・・「マイナンバー関連」「電力自由化」「未公開株」など

劇場型勧誘 

そのパンフレットの情報、怪しくないですか?

「必ず儲かる」「絶対に値上がりする」投資話は危険!

 例えば・・・「仮想通貨」「海外事業投資(不動産、ファンド)」「公社債」など

周囲の方へ

利殖商法

高齢者の方が大勢集まっているけれど・・・

「無料引換券」「格安チラシ」「臨時店舗」にご注意!
 例えば・・・「健康食品」「布団」「健康器具」など

周囲の方へ

催眠商法

頻繁に出入りしている業者がいるなぁ・・・

「無料点検」「やさしく親切な販売員」「買い替えをすすめる」誘いにご注意!
例えば・・・「改修工事(耐震、リフォーム)」「浄水器」「布団」など

周囲の方へ

次々・点検商法

どうしたの!?何を話してるんだろう・・・

振り込めと言われたら、まず疑って、元に電話番号にかけて事実の確認
例えば 息子や孫をかたって・・・「小切手をなくした」「会社のお金を横領」「妊娠や交通事故等の示談金」など

警視庁総合相談センター
電話 03-3501-0110

最寄りの警察署(生活安全相談係)
東京都内警察署一覧外部サイトへリンク

振り込め詐欺

何か困っている?誰からのメールだろう・・・

身に覚えのない請求や不当に高額な請求は「架空請求・不当請求」を疑って!
 例えば・・・「登録料を払え」「利用料金が未納」「裁判所から委託を受けて代行」など

架空請求専用相談
電話 03-3235-2400

架空請求・不当請求

都内消費生活相談窓口

高齢者のための消費生活相談専用電話「高齢者被害110番」

 消費生活トラブルでお困りの高齢者のための相談電話です。都内在住の高齢者やご家族からの消費生活相談を受け付けます。 被害にあったり、不安を感じたときにすぐにご相談ください。

高齢者被害110番:03-3235-3366 月曜~土曜 午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除く)

高齢消費者見守りホットライン

 ヘルパー、ケアマネジャー、民生委員等、高齢者の身近にいる方が、地域で発見した高齢者被害についての通報や問い合わせを専用電話で受け付けています。

高齢消費者見守りホットライン:03-3235-1334 月曜~土曜 午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除く)

区市町村の相談窓口

消費生活相談FAQ

消費生活相談FAQ 消費生活相談FAQ
「キーワード」「事例一覧」「項目」から、よくある相談事例を探すことができます。トラブルを解決する手がかりとしてご活用下さい。
また、消費生活相談に関連した「基礎知識」も掲載しています。
 

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当

電話番号:03-3235-1157

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.