ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 水回りの電気製品による感電に注意しよう!

更新日:2016年12月7日

水回りの電気製品による感電に注意しよう!

洗濯機、冷蔵庫など、水回りには様々な電気製品があります。シューマとエルメ
水回りの電気製品は、水気、湿気の多い場所で使用することからぬれた手で扱ったり、漏電した製品に触れたりすると、感電により激しい電撃を受けることがあります。

こんな事故が起きています

  • 浴室の蛇口に触れたら感電してビリビリとしびれた。調査の結果、ガス給湯器からの漏電が原因であり、アースを取り付けてあれば感電しなかったと言われた。
  • 洗濯機のエラー表示が出て、同時に手がビリッとした。給水中の水に手を出したら手がしびれ、感電のような状態になった。

 感電事故などの原因となる漏電とは?

通常、電気配線や電気器具類には、電気が漏れないように『絶縁』という処理がされています。
この絶縁物が老朽化したり、電線などが傷ついたり、被覆がはがれるなどが原因となって外部に電気が流れ出ることを『漏電』といいます。

事故を防ぐポイント

ぬれた手で電気製品を扱わないようにしましょう!

  • 水は電気をよく通すので、ぬれた手でプラグやコンセント、スイッチなどに触ると感電してしまう恐れがあります。
  • 電気が人体を通ると、通電経路、電流の大きさ、通電時間によっては致命的な障害や死に至ることがあります。 

水気や湿気の多い所で使う電気器具にはアースを取りつけましょう!

  • アースは配線や電気器具などが万一漏電したときに、漏れた電流を大地に逃がして、感電の危険を少なくするものです。アースをしたコンセント
  • 万一漏電している器具に触れると、電気が人体に流れることがあります。
  • アースをつけておくことにより、感電した場合でも人体へ及ぼす影響は小さくなります。

※出典: 《電気を正しく安全に!家庭編》外部サイトへリンク一般財団法人関東電気保安協会

印刷用のPDFはこちら(PDF:230KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3082

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.