ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 電動シャッターによる事故に注意!

更新日:2017年1月13日

電動シャッターによる事故に注意!

防火用や防犯用の電動シャッターは、学校やビルなどのほか、最近では住宅のガレージなどにも設置されています。ボタン一つで開閉できる便利な電動シャッターですが、中には体を挟まれて死亡する事故も発生しており、使用する際には注意が必要です。

事故事例

  • 下りて来るシャッターの下を通って中へ入り、上着を持ってすぐに外へ出ようとしたが、シャッターが既に間近まで下りて来ていたため慌ててしまい、シャッターの真下で転倒し、そのまま下りてきたシャッターに胸部を挟まれてしまった。
  • マンションにお住いのお友達のところに遊びに来られた方が、マンション駐車場出入り口に設置されているシャッターの下に車を停止し、荷物を積んでいた際、シャッターが自動で降下してきたことで、車の屋根部と接触し、傷つけてしまった。
  • 工場の作業員が倉庫に荷物を取りに行った際、入り口の電動シャッターを開けようと押しボタンスイッチを操作したところ、中間付近まで上昇したシャッターが一気に急降下した。幸い作業員に怪我はなかった。

    一般社団法人日本シャッター・ドア協会《重大事故を防ぐために》外部サイトへリンクより抜粋

事故防止のポイント

  • シャッターの下に立ち止まったり、座ったりしないようにしましょう。
    予期せぬときにシャッターが下りてくることがあり、大変危険です。
  • シャッターが動いているときは、その下を絶対に「くぐらない」、「くぐらせない」ようにしましょう。
  • シャッターの動作中はそばを離れず、シャッターが停止するまで、周囲から目を離さないようにしましょう。

【管理者の方へ】

  • 使用中のシャッターに安全装置が設置されていない場合には、安全確保のため、設置を検討しましょう。
  • シャッターの異常の早期発見・事故防止のため、定期的に点検しましょう。

 関連情報

一般社団法人日本シャッター・ドア協会《安全と安心のご提案》外部サイトへリンク

印刷用のPDFはこちら(PDF:139KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3082

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.