ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 各種調査・商品テスト > 扇風機カバーによる事故防止の効果

更新日:2013年3月21日

扇風機カバーによる事故防止の効果

商品テスト結果 「扇風機カバーによる事故防止の効果」
扇風機カバーを使っていたのに子供がケガをした!
節電対策で扇風機を使う機会が増えるので注意しましょう

平成23年7月27日
生活文化局

東京都が実施したヒヤリ・ハット調査(インターネット・アンケート)では、小さな子供がいる家庭において、安全のために扇風機カバーを使用していた場合でも子供がケガをした事例がありました。

今夏は、節電対策で扇風機を使う機会が増えることが予想されるため、扇風機カバーの幼児に対する事故防止の効果について調査しました。

1 扇風機カバーの商品テスト

アンケートでは、「子供がカバーを引っ張って外した」、「カバーを指で押し込んだ」、「扇風機の裏側のカバーがかからない部分から指を入れた」等の危険な事例があった。

そこで、都内の店舗等で販売されている扇風機カバー14商品を2種類の扇風機(「参考」参照)に取り付けてテストしたところ、カバーが簡単に外れるものやカバーを取り付けていても指が扇風機の羽根に接触する危険性があるものがあった。

  1. 下方向に引張荷重をかけたところ、カバーが簡単に外れたものが5商品あった。(写真1)
  2. カバーの上から力を加えて模擬指を押し込んだとき、カバーがたるんで模擬指が羽根に接触したものが11商品あった。(写真2)
  3. カバーを取り付けていても扇風機の裏側にカバーがかからない部分があり、模擬指が羽根ガードの隙間に入って羽根に接触したものがあった。(写真3)

下方向に引張荷重をかけたところ、カバーが簡単に外れたもの(写真1)
【写真1】

バーの上から力を加えて模擬指を押し込んだとき、カバーがたるんで模擬指が羽根に接触したもの(写真2)
【写真2】

カバーを取り付けていても扇風機の裏側にカバーがかからない部分があり、模擬指が羽根ガードの隙間に入って羽根に接触したもの(写真3)
【写真3】

2 消費者へのアドバイス

扇風機カバーを取り付けていても過信は禁物です。ゴムの緩みやカバーのたるみがないか、網目が広くなっている箇所がないか点検して使用しましょう。

また、大人が扇風機から離れるときは、扇風機の電源を切りましょう。

子供がストーブ等に接触するのを防ぐための柵(ストーブガード等)を持っている場合は、柵の中に扇風機を入れ、子供の手が届かないようにする方法もあります。

3 結果に基づく措置

扇風機カバーの製造・輸入又は商品の企画を行っている事業者に対して、外れにくく、子供の指が扇風機の羽根に接触しない構造等、子供の事故を防止できる商品の普及について要望する。

また、扇風機が容易に転倒したり、扇風機カバーを取り付けるとかえって子供の興味をひいてしまう等、扇風機カバーだけでは事故を防止できない場合もあることから、扇風機に関係する事業者団体に対しても扇風機の子供に対する安全対策に役立ててもらうよう情報提供する。

  • 要望先
    扇風機カバーの製造・輸入事業者
  • 情報提供先
    消費者庁、経済産業省、日本チェーンストア協会、一般社団法人日本電機工業会、財団法人家電製品協会

※別添 扇風機カバーによる事故防止の効果

参考

ヒヤリ・ハット調査(平成21年12月実施)

1歳~6歳の子供の保護者2,000人にインターネットアンケートで調査した。

扇風機カバー使用時の危害経験
扇風機カバー使用時の危害経験 円グラフ

  1. 扇風機カバーを使用した経験がある保護者は61.8%だった。
  2. 扇風機カバーの使用経験者のうち、扇風機カバーを使用していても子供がケガをしそうになったことがある人が31.6%、子供がケガをしたことがある人が0.9%いた。
  3. 扇風機カバーを使用していても子供がケガをしそうになったり、ケガをしたときの状況で最も多かったのは、「子供が自分でカバーを外した」だった。

模擬指

本テストで使用する模擬指は、1歳~2歳の平均的な指のサイズを参考にして直径7ミリメートル、長さ40ミリメートルの丸棒を使用した。

テストに使用した扇風機(裏側)

テストに使用した扇風機(裏側)
羽根ガードの骨が放射状のもの。
隙間間隔が中心に向かって狭くなっている。

テストに使用した扇風機(裏側)
羽根ガードの骨が円形状のもの。
隙間間隔がほぼ均等になっている。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.