ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > ヒヤリ・ハット調査 > キッチンでのヒヤリ・ハット体験を調査

更新日:2013年3月21日

キッチンでのヒヤリ・ハット体験を調査

平成22年2月17日
生活文化スポーツ局

潜在化しているヒヤリ・ハット体験を初めて都民に聞きました!

ー「コンロでたばこに火をつけたら前髪が燃えた!」「包丁の刃が欠けてまぶたに当たった!」など1万件を収集ー

身の回りの商品・サービスによる「ヒヤリ・ハット」体験はどこへも情報提供されることなく、多数埋もれている現状があります。そこで、都では、家の中でも様々な危険が潜むキッチンをテーマに、将来危害・危険につながる可能性がある事例を積極的に掘りおこすためのインターネットアンケート調査を実施しました。

1 キッチンでのヒヤリ・ハットや危害体験の調査結果(4,000人に調査)

キッチンでのヒヤリ・ハットや危害の体験を10,000件以上収集!

例えばこんな体験が……

  • たばこをくわえながらガスコンロで火をつけようとしたら、前髪に火がぼっとついた。
  • コンロの火をつけたまま、鍋を交換しようと思って手をコンロの上方に伸ばして袖口を焦がしてしまった。
  • 使っていた洗剤が身体に合わなかったらしく、指がかぶれ皮膚がめくれた。
  • 氷を包丁で砕いていたら、刃が欠けてまぶたに当たった。

【収集した体験の傾向】

キッチンでのヒヤリ・ハット体験ワースト5

ア)ヒヤリ・ハット体験では、ガスコンロに関係する事例が最も多い。
イ)包丁や台所用洗剤に関しては、医療機関を受診した事例も多い。
ウ)床での転倒や椅子からの転落、電気ポットでのやけどでは入院した事例もあった。

2 コンロ回りでの危険の発生率(2,100人に調査)

着ている服への着火の発生率

ア)ガスコンロ使用経験者の19%が衣類への着火を経験。毛髪等への着火は19%、布巾などへの着火は38%が経験。
イ)IH調理器使用経験者の16%がなべの滑りを経験。
ウ)コンロ回りでの便利グッズの使用経験者では、グリル用小石への着火は10%、換気扇フィルター及びアルミ製パネルの着火はそれぞれ6%が経験。

※「経験」はヒヤリ・ハットと危害事例を含む。

今後の取組

着ている服への着火の発生率

キッチンでの事故防止のポイントをまとめたヒヤリ・ハットレポートNo.1「キッチンでの事故防止ガイド」を作成し、都民への啓発に取り組む。

発行部数3万部を消費生活相談窓口、中学校や高等学校、消費者団体等へ配布。

ヒヤリ・ハットレポートNo.1「キッチンでの事故防止ガイド」

参考資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.