ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > ヒヤリ・ハット調査 > 幼児の身の回りのヒヤリ・ハット体験を調査

更新日:2013年3月21日

幼児の身の回りのヒヤリ・ハット体験を調査

平成22年3月8日
生活文化スポーツ局

潜在化しているヒヤリ・ハット体験を都民に聞きました!

日常生活で経験した「ヒヤリ・ハット」体験はどこへも情報提供されることなく、多数埋もれている現状があります。そこで、都では、危害・危険事例を積極的に掘り起こすため、ヒヤリ・ハット体験の発生頻度が高い「幼児の身の回り」をテーマに、1~6歳の子供がいる人を対象としてインターネットアンケート調査を実施しました。

1 幼児の身の回りのヒヤリ・ハットや危害体験の調査結果(4,064人に調査)

幼児の身の回りのヒヤリ・ハットや危害の事例を9,000件以上収集!

【収集した体験の傾向】

幼児の身の回りのヒヤリ・ハット危害体験ワースト5

ア)年齢別では、1歳児の体験が圧倒的に多く、全体の4割を占める。
イ)製品別では、家具がトップ!自転車やドアの体験も多い。
ウ)1~2歳では、家具に衝突・家具からの転落が多いのに対し、4歳以上では自転車で転倒・転落した体験が突出して多い。

例えばこんな体験が……

  • 階段の転落防止ガードをすり抜けて階段を下りようとして転落し、額を切った。(1歳女子)
  • お風呂用の浮き輪に座らせ、下の子の体を洗っていたら、浮き輪ごとひっくり返っていた。(2歳女子)
  • いたずらでビーズを鼻に入れて取れなくなってしまい、鼻血が出て救急車を呼んだ。(4歳女子)
  • 誕生日ケーキのろうそくの炎を、鼻から思い切り吸いこんでしまい鼻の中が真っ赤になった。(1歳男子)

2 近年普及してきた製品等による事例を詳しく調査!(2,000人)

通気用のすき間(アンダーカット)

ア)60%の人がコーナーガードの使用経験あり。そのうち、39%の人が「子供がはずした」「コーナーガードを誤飲した」などによるヒヤリ・ハットや危害を経験。
イ)自宅に通気用のすき間のあるドアがある人は50%。そのうち、27%の子供が通気用のすき間に足を挟まれるヒヤリ・ハットや危害を経験。 すき間でケガをした子供のうち、12%は足の爪がはがれるケガだった。
ウ) チャイルドシートは、93%の使用経験者のうち、7%の子供が夏に熱せられた金具等に触れてやけどをするなどのヒヤリ・ハットや危害を経験。

今後の取組

幼児の事故防止ガイド

幼児の身の回りの事故防止のポイントをまとめたヒヤリ・ハットレポートNo.2「幼児の身の回りの事故防止ガイド」を作成し、都民への啓発に取り組む。

発行部数4万部を消費生活相談窓口、幼稚園、保育園、消費者団体等へ配布。

【参考資料】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.